2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行:ミラノ編



ミラノは新旧入り乱れの都会でした。

まずはホテルに直行です。



早速プント発見。

さすがイタリア。フィアットの割合が高い!
我が愛車、プントは新旧共に多く走っていますが
グランデプントの割合が高いですね。
ミラノっ子は新しい物好きなんでしょうか?
その他、ムルティプラもなんでこんなに走っているの?というくらい多いです。
しかしこれも新しいタイプの無難顔タイプが大半でした。
モードに厳しい都会のミラノの人は流行を大事にするようです。



アバンギャルドなホテル。ここに宿泊しました。
これもさすが近代デザインのメッカのこだわった建物です。

随分と明るいですが既に夜の8時くらいなんですよ。
日本よりも緯度が高いので夏は9時近くまで明るいんです。



目と鼻の先になんとショッピングモールがあります。
まだまだイタリアに慣れていないのですが行ってみます。
内部は撮影禁止のマークがあったので画像はありませんが
既に時間も時間ですからお店の大半はやっていません。
仕方が無いのでピザでも食べようとバールに行ってみましたが
物価が高い!ピザ2切とジュース2本で日本円で1,500円くらいしました。

これから大丈夫か?

また水を買おうと思いスーパーを探しましたが
大きなパソコンショップがあるくらいで何にもなし。
しょっぱなから不安になってしまいました。

我が家族はそんな気持ちを抱きながら
ホテルに戻り、明日の観光に備えるのでした。



さてミラノ観光の始まりです。

まずは近代イタリアの総本山であるミラノコレクションの見本市会場。
ここから全世界へファッションの指針が発信されます。

いや~これもこだわりの建物ですね。



といってもやっぱり歴史のある街、ミラノ、
古い街並みも素晴らしいです。
が、やはり走っている車は最新式のものばかり。
日本車ではカローラが良く走っています。
トヨタ強しといったところでしょうか。

なんて油断していると左側にある旧いチンクエチェントがさりげなく置いてあります。
そういえば新型タイプはうそのようにたくさん走っていましたね。



またイタリアはバイク天国。
渋滞もひどいからなんでしょうけど、まー良く走っています。
信じられなかったのはよく老人が乗るようなサポートカー?みたいのが
道の真ん中をエライスピードで走っていました。
ちゃんと方向指示器も付いています。
エェェーッ(マスオ風)ってな感じですよ。

画像は無いですがピアジオMP3もよく走ってます。
石畳の多いイタリアこそ本領発揮のようです。



最初の下車観光、スフォルツェスコ城

立派な建物ですがここは中に入らず写真のみ。
ミラノの町の中心部にあり、とても目立つ存在です。



次はスカラ座付近で下車して
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアへ。

いわゆるアーケードです。
透明感のある見事な天井はもちろんガラス製です。
中央部にはプラダやルイ・ヴィトン、そしてマクドナルドがあります。
現代のショッピングモールの礎、ここにありといった感じです。



そのガッレリアを抜けると上の画像(これの裏側)にもある
ミラノのドゥオーモ(ミラノ大聖堂)が見えてきます。

今までに見たことの無いものが目の前にあります。
想像を遥かに超えていますよ。
あまりにも大きすぎて視野に入らないくらいでかいです。
大きさ的にはバチカンのサン・ピエトロ寺院の次ぐ世界第2位なんですって。

観光客も多く、ミラノ観光のメインですね。

しかし、治安の悪いイタリアですから観光地ということで油断していると
ミサンガというおまじないの腕輪を括り付けれそうになります。

日本みたいに無料でつけてくれているなんて思ったら大間違い
下手すると20(4,000円)ユーロくらい取られることもあるそうですよ。

うちの子供たちにも近づいてきましたが
私が激しい勢いで「Noー!」と言ったら逃げていきました。
でも、周りを見ると引っかかっている観光客多いですね。
日本人は情報が回っているので大丈夫のようです。ミサンガに限っては…



さて、内部です。

なんだかカリオストロの婚礼シーンの礼拝堂にそっくりです。
解説が遅れましたが、ドゥオーモとはその都市(ミラノ)の一番大きな教会で
その都市の一番えらい司教様がいるところなんです。
これから行く都市には必ずと言っていいほどあります。(サンジミニャーノは無し)

外のスケールが大きいだけあって内部も桁外れです。



今回のメインの観光を終え、昼食に歩いて向かいます。
途中ミラノ警察署があり、159のパトカーをパチリ!
156は全く無く、新しいモデルが出れば
すぐにその車種に変わるようです。うーん、リッチ。

しかし、格好良い車です。



これもパトカー。

車はスティーロで、色が違います。
何で色が違うかというと管轄で違うんですって。
例えば刑事課と交通課のような感じです。
システムも違うようで昔からの警察システム(一番位が高い)は
ズボンの脇に赤いラインが付いている警察官だそうです。

ややこしやー



昼食はミラノの街中にあるこのお店。

初めてのイタリアでの外食となります。
雰囲気はまさにイタリアで狭い店内ですが皆で仲良く食べます。



まずはサフランとチーズのリゾット。

上にたくさんのパルメザンチーズがのっています。
胡椒も効いていて美味しいです。
また、少しお米に芯が残っていてアルデンテとなっています。
日本で出したらクレームをつける人がいるかも!?

北イタリアではパスタよりもリゾットなどお米の消費の方が断然多いそうです。
北イタリアの農業の基盤はコメ生産のようです。



そしてメインディッシュのミラノ風カツレツ。

~風という表現ですが、
日本だと「まねた」といった意味になりますが
イタリアだと「本場の」という意味になります。
ですからミラノの本場のカツレツは正にこれです。

少し小さいように見えますが、
なんとレモンが日本の二周りくらいありますのでボリュームは結構あります。
薄めのお肉のフライですがミラノの味を堪能できて幸せでした。

…ということで午後はヴェネチアに向かいます。

嵐のような観光スタイルですが
意外にこのスピード感は飽きなくていいかも(爆

次回はヴェネチア編です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/132-88489304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!