2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rocket Stove作りに参戦



でっきるっかな? でっきるっかな?…

今、ロケットストーブが熱いですね。
世界中でどれだけ高効率なものができるか
廃材でどうやって作るか競い合っているような雰囲気が…

YouTubeでの盛り上がり

アウトドアグッズ好きの血が騒ぎます。

…で、ロケットストーブの優れたところは…

少しの燃料でよく燃える。効率が非常に良い。

燃料は炭や練炭ではなく廃材や流木などがメーン
燃えるものなら何でもよく調達が楽。

火加減の調節が簡単。消火も簡単。

欠点はどんなものかといえば
炭よりはこまめにくべないとダメ。

とどのつまり竈(かまど)のようなものなんですね。



効率の良さを簡単な図にしてみます。
燃料の下側から空気が入り、そのまま一気に
熱と共に上昇して勢い良く燃焼します。

ロケットストーブは空気の流れがミソなんですね。



前置きが長くなりましたが、それでは作ってみましょう。
なお、今回は試作品なので上手く燃えるかはわかりません。

使う材料は薪ストーブの煙突パーツ。
排気口と角の部分。口径106mm。オールステンレスです。
この素材のアウトドアグッズはとても高級なんです。



まずはトップエンドの排気口の加工から。

3つのビスをとり、カバーを外します。
中の傘部の支柱をヤスリで切り離します。

そしてそのままもとのカバーを戻すだけ。
これで掃除も楽です。



下側の空気口用の棚を作ります。

今回は柔らかいアルミ板を使いました。
14cm×10cmでアシシロが2cmずつですから
10cmの正方形のパーツになります。

アルミを切る時はカッターで10回ほど傷を付けて
机の角等で折り曲げ、ペキペキやると切れます。
折り曲げる時は3回ほどで。



このように煙突角部パーツに入れ込みます。

アシシロが接合部に上手く噛むようにできますのでビクともしません。
掃除が楽なように取り外しも簡単です。



全てをこのように組み込んで出来上がりです。

安定感を出すため3つの足も付けてみました。
ステンレスの蝶ナットとスクリューで固定してありますので
取り外しも楽です。実はこれも煙突パーツなのです。
デフォでペグ穴もありますので地上にガッチリと固定もできます。

やはりオールステンレス(棚はアルミ)は際立つオーラがあります。



ステンレス網がもちろんデフォでついていますよ、スゲーッす

さて上手く燃えてくれるでしょうか?
近々テストしてみましょう。

コメント

これいいですね。キャンプ好きのおいらは興味津々。でかいトマト缶でも作れそうですな(笑)ちなみに材料費はいかほど?

おがきちさんがキャンプ好きとは…

3000円位でしたよ。今日テストしてきました。もう最高です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/189-cbfcf3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!