2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラの話題:コンデジでMovie~!


@Vivicam5050

写真を撮るだけではもったいない…

ようつべへの動画投稿、流行っていますね。

ちゃんとしたデジタルビデオで撮っている人もいれば、
携帯電話でお気軽に撮って投稿している人もいます。

今は非常に便利になりましたが、昔はカメラの写真に比べ、
ビデオ撮影はとても敷居が高いと感じたものです。

私は8ミリビデオ→DVビデオ→SDメディアのMPEG4ムービー(サンヨー製)と
なるべく小型でお手軽でそこそこ観れるビデオカメラにシフトしてきています。

子どもの運動会などのイベントには足りないものが無いよう、
バッテリーの充電から機材の整理など撮る前から
かなりの労力を要していました。

それでいざ撮ってみると当時のバッテリーの性能は劣悪で
1年ほどで半分位しか撮れないような状況になり、悲しい思いをしたものです。

それは劣化が早いか遅いかの違いはあれど
メディアタイプで専用充電池を使っているモデルでも同じです。

バッテリーが不安定だと何を撮っても気軽とは言えないんですよね。

そこで乾電池式コンデジでのビデオ撮影ですよ。

20090118003.jpg
@Vivicam5050

やはりSDメディアの暴落が大きいでしょうか。
今や1,000円を切る4GBで1時間たっぷり撮影できます。

乾電池はコストも安く、どこでも手に入れられるし、
今は乾電池タイプの充電地もとても高性能なんですよね。

既にうちには20本位のサンヨー・エネループが待機した状態です。
秋葉原行くと必要なくともセットで買ってしまいます。

20090118002.jpg
@Vivicam5050

さすがにHD撮影というわけにはいきませんが
VGAで30フレームでしたら今持っているサンヨーC4と変わりません。
その代わりMPEG4ではなくAVIだったり、音声がモノラルだったりと
落ちるところもありますが、今はパソコンの性能がいいですから
苦なくエンコード処理なんかもできちゃいます。

まっ、わざわざ圧縮をかけて容量を減らす時代じゃありませんよね。
そのままDVDに焼いて残せば良いだけですから…

そういえばP50というカメラ、Nikonとなっていますが
サンヨーのOEMですよね。つまりサンヨー製。

乾電池式のザクティが欲しいと思えばこのように選択肢がたくさんあるわけです。
そのかわり、動画は非常に電力を使います。電池の予備はたくさん持ちたいです。

高倍率の望遠が欲しい場合は各社より
サンヨーOEMの乾電池式望遠コンデジが多数出ていますのでそちらを…

イタリア旅行時、このことに早く気付けばよかったです。
どれだけ専用充電池のザクティに振り回されたことか(汗)

長期旅行時のビデオ撮影は
乾電池式のコンデジで撮るべし!

これ、格言にしたいわ…

20090118004.jpg
@Caplio G4 wide

そしてVivicam5050でもVGA動画を撮ることができます。
こちらはパンフォーカスなので全体的にピントがゆる~いのですが
焦点を合わせる概念がないのでタイムラグというのが基本的にありません。

これって意外と便利なんですよね。
近くに寄ればマクロのスイッチを入れるだけです。

もっとお気軽に撮りたい場合はこちらでも十分でしょう。

しかし、Vivicam5050は小さい!
これでビデオが撮れるんですから。凄い時代ですわ。

…あっ、因みに動画撮影時はVividモードはありません。
いたって普通に写ります。

コメント

実はワタクシ、動画デジカメことサンヨーのデジカメの大ファンなのです。
デジカメ童貞を捧げたのは、35万画素のDSC-V1。
2代目は、DSC-SX150。当時最先端の動画デジカメです。
3代目は、DSC-MZ3。これは名器でした。
4代目は、カシオのエクシリムにしましたが、
またサンヨーから気骨のある地味なルックスのデジカメが出れば、
是非買いたいと思っています。

あら、これでブログ一本書けそうだわ。
あと、ケンウッドのケータイネタも。

私も爆速デジカメ使ってました。
SX550とSX560、最高のデジカメです。
起動の早さは今でもこれに勝るものは無いでしょう。
画素数と大きさで今は飾っているだけですが
ブログだったら十分使える性能を持っています。

サンヨーもパナソニックの子会社になってしまいましたが、その気骨なものを出してもらいたいですね。私も期待したいです。

はじめましてw

vivicam5050をゲットしたので、
同じ機種の所有者をさがしてお邪魔しました^^
これからもよろしくですw

こちらこそヨロシクです。

5050で楽しい思い出なり、作品なり写していきましょう!
ブログなんかありましたらお知らせください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/213-19ff90b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!