2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY WALKMAN W800



ソニータイマーに勝ってみたい…

ウォークマンのダブルカセットという恐ろしくニッチなものを
私のガラクタコレクションの中から見つけました。

なんとも貫禄ある風貌です。

私が中学生の時に買ったものだったと思います。
もう25年位前のものだろうか?

20090201002.jpg

このようにA側、B側と分かれていて
B側では録音なんかも出来ちゃいます。

しかし、何でこんなものを買ったんでしょうかね?

友達からカセットを借りて
すぐに録音コピーしてしまおうという魂胆があったのかな?
(でもそのように録ったことなかったか…)

カセットが2つ入るので面倒でないからか?

…昔の自分に問うてみたい(爆)

20090201003.jpg

ドルビーNRが付いていて(多分A側だけ)
ノーマル・メタルクロームポジション(多分A側だけ)
マイク端子にヘッドホン端子(1個だけ)という構成。

とにかく、まず動くか確認しますが…

モーターが動く音はあれどテープが回る気配なし

ソニータイマーはとうに過ぎている
からしょうがないですね。

こりゃあぁ~分解ですわー

20090201004.jpg

まず蓋を外しますが橙色の箇所のみ外します。
外側のスクリューは外してはダメ。

あとドルビースイッチの上側の2つのスクリューを外ます。
赤の蓋のスクリューはダメ。反対側も同じ。

20090201007.jpg

筐体を外したらB側の橙色の箇所のスクリューを外します。
意外に簡単に内部に手を入れることが出来ますね。

20090201005.jpg

そうすると本を開くように内部が開帳できます。

やっぱりベルトとプーリーによる駆動ですね。
何だかとても嫌なものが目に入ってきました。

20090201006.jpg

ソニータイマーの元です。

ベルトがノビ~ノビ~ノビ~と際限なく伸びます。
そして絡まっている。経年劣化も甚だしい。
これは長く使えない構造ですよね。

この時、思いました。

このウォークマンを今使っている奴はいない!

物好きとかいうのではなく使えなくてですが…

しかし、ウォークマンタイプのものでダイレクトドライブ
みたいなモデルってあったのでしょうか?
※WM-DDというモデル群がありました。

20090201008.jpg

さてこのベルトの代用品を探さねばなりません。

結果を先に言ってしまいましょう。
時計の裏蓋についているゴムパッキン。これしかない!

元のベルトがグチャグチャだったので
どのように着けるのか一瞬固まりましたが
↑多分こうでしょう。

…でも、ちょっとテンションが掛かりすぎかな。

20090201009.jpg

…ということでカセットを入れ、動作確認すると…

見事動きました。

しかし、異音が凄い(汗)
シュウィン、シュウィン、シュウィン…

モーターやプーリーの軸のオイル切れかな?
さすがにそこまでは手を入れられそうにないか?

…それで、肝心の音楽は?

見事聴けます。

ヘッドホンで聞くせいか、異音はそんなには気になりませんが、
軸が削れていく音と思うと精神衛生上ヨロシクありません。

時間があれば更に奥深く探ってみましょう。



岡村靖幸「YASUYUKI」、久々に全部聴きました。

やっぱり彼は天才だ…

コメント

まぁ、これはまた珍品をお持ちですね。
イスチも初のカセットケースサイズウォークマンWM-20、
初の重低音増強回路搭載のWM-501を所有してました。
その後もソニー以外のヘッドフォンステレオをいくつも買いましたが、
型番を時間が経ってもソラで言えるほど、ソニー製品は記憶に残りますな。
しかし、ダブルメカともなるとヤタラ具沢山ですな。
そして、カセットテープはザッツのペーハー!
ザッツのテープは値引きが渋くてなかなか手が届かなかった記憶があります。
あ、ちなみにカセットテープの型番での山手線ゲームだったら、
誰にも負ける気がしません。誰ともやったことはありませんが、、、

カセットテープ 懐かしい…
私はアクシア派でしたね。 斉藤由貴がCMやってて、
カセットケースがスリムでした。
SONYのウォークマンは憧れでしたが私は庶民派AIWAの
「カセットボーイ」を買いました。
はじめて新宿に行ったのがその時(高1)でした。

カセットだと曲を大事に聴きますね。
妙な高揚感があるのも確か。
70年代後半~80年代前半の曲をまとめてこれで聴いてみたいです。

私のファーストウォークマンはWM-2、ウォークマンⅡです。
最後は壊れました。どこいっただろう?
テープはTDK AD、Maxell UD、Sony HF辺りでしたね。メタルテープは憧れでした。

WM-2で松田聖子の「白いパラソル」、堀江淳の「メモリーグラス」なんかを聴きながら姉夫婦&そのお友達に斑尾高原のペンションに連れて行ってもらったのが記憶にあります。楽しかったなぁ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/222-302240b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!