2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W800のつづき…



相方から一言… 「楽しそうね…」(爆)

山崎屋食堂の後、リサイクルショップで購入しました。

カセットがメジャーだった頃のものが容易く手に入ります。
といっても名前にCDとつきますから意外に新しいものでしょうね。
画像のもの以外にUD2というのも買って来ましたが
この名を冠したものはなんとも懐かしく感じられます。

7本買って400円弱。マイナーなものというは値が付きません。

20090203002.jpg

昔は裏面を見るとこのように出力レンジの表があったものです。
テープには製造法や素材により出力の偏りがあるので
音楽の種類やコストによってお気に入り(妥協)の銘柄がありました。

今回のはSRに表記があるくらいで他のものにはついていないんですね。
私の青春時代には下のランクのものとの特性比較が載っていて
ひとつでも上のモデルが欲しいと思ったものです。
メタルテープなんて夢のまた夢でした。

20090203003.jpg

テープを買ったからにはどうにか異音を直したいと何度も分解します。
あまりにも込み入ったことをしたので画像は無し。

ベルトも更に最適なものを選んで見事買った当初の性能を
取り戻せたようです。

多分これで大丈夫でしょう!
静かに聴けるって素晴らしい!!

20090203004.jpg

W800をよく見るとA側が内部とアクセスできるようになっています。
これはカセット型のチューナーパックを入れるように出来ているんですね。
つまりラジオが聴けてしまう…

それは持っていなかったな。多分別売。
ま、あったら便利です。

20090203005.jpg

現代の録音の仕方はもしかしたらこんな感じ?

パソコンのヘッドフォン端子とウォークマンのマイク端子を繋げる。

WMP(もしくはiTunes)で片面再生時間に見合った選曲をし、
再生リストを作ってMP3を再生

ウォークマンで録音

簡単ちゃー簡単。

この機種ではドルビー録音が出来なかったり、
(デジタルからアナログじゃあまり関係ない?)
録音時間はたっぷりそのまんまだったりしますが、
普段とは違うメソッドで体感することも
刺激になっていいのではないでしょうか?

なんといってもあの熱かった時代を思い起こさせる
ノスタルジーというものがあります。

※この録音方法は非常に不安定のようなので
普通にラジカセを使った方が無難です。
もしくは電源にACアダプターを使うべきです。


コメント

2つのメカ基板の間に縦横無尽に走り回る細い配線は、
まるで開発検討中の評価基板のようですな。
ところでこちらの機種、ノーマルポジション以外の録音に対応してるのかしら?
でも、敢えてウォークマンで録音するってのが漢のロマンよねぇ。

>ノーマルポジション以外の録音に対応してるのかしら?

購入当初、B側のシンプルさにがっかりした記憶があります。
もちろん付いていないんですよね。

それと録音したデッキで再生することが一番良いと思っている自分がいたりして…

これのお陰でパナのコブラトップ・ラジカセを整備する気になりました(汗

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/224-e456c3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!