2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢の北京旅行:頤和園(いわえん)編



湖を掘って、その土を山にしました。

頤和園についてはこちらをどうぞ

もちろん世界遺産です。

さすが広大な中国です。広い!
天気も良く、清々しい気持ちになりますね。

実はこの時期、北京は観光シーズンの一番のピーク。
冬は寒く、夏は耐えられないほど暑い。
ですので春はどこに行っても混雑しています。

また黄砂が降り注ぐ北京ですが、私たちの滞在中は
全く吹くことなく、晴れ渡っていました。
現地ガイドさんによるとこんなことはありえないそうです。
「お客さん、ラッキーですよ」とのこと。

20090405009.jpg

園の入り口はこんな感じ。広いのに全て塀で囲まれています。
もちろん入場料もかかります(ツアー代金込)

20090405011.jpg

実に面白いデザインをしています。

Vivicam5050は持ってこなかったのが悔やまれる程、
ビビッドな色合いの建物がたくさんあります。

そしてあるものを発見してしまいました…



やっぱりやっていました。

皆さん、習字が上手いですね。
こうやって何度も何度も書いては鍛錬しているようです。

この箒のような筆、旅行中探しましたが
ありませんでした。自分で作るしかないか?

20090405012.jpg

園の中心部に入ります。

ここも御上りさんでいっぱいです。
みんなチームの帽子を被っています。

20090405013.jpg

廊下に物語の絵がたくさん描かれています。

20090405014.jpg

こちらは西遊記。他に水滸伝といった有名所がありました。

20090405015.jpg

これを掘ったなんて信じられません。
とにかく良い天気ですね。すっかり陽に焼けてしまいました。

20090405016.jpg

こんな建物がたくさんあります。

人が多すぎるのと移動が早いので
楽しめるかといったら…、…来ただけみたいな(汗)

20090405017.jpg

早々に退散します。

バスに向う道すがら、たくさんの物売りがいます。
芋とトウモロコシ。多分一つ1~2元(1元=15円位)だと思います。
お芋は美味しそうな匂いがしました。
トウモロコシは日本のものよりも色が薄い…

もちろん食べはしませんでしたが…(怪しいので)

20090405018.jpg

バス移動でシルクの布団工場に向かいます。

シルク100%の中綿を作っています。
こうやって4隅を持って…

20090405019.jpg

ビローンと広げて混じりっ気無しの中綿が出来上がり。

その前の工程で繭玉の中のサナギ(2匹いる)を取り出して
帽子のように広げ、たくさん重ねたらこのように延ばします。

糸が切れないで伸びるんですね。
そのためホコリも出ないんだそうです。

また、シルク自体タンパク質の塊なので洗えず、
年に空干しを2回ほどすれば良いとのことです。
それでフワフワになるみたい。

20090405020.jpg

そんな説明の後、純シルク布団の売込みが開始されます。

まあ、中国の人は執拗に畳み掛けてきますよ。
そんな姿を見てしまうと逆に買う気を失います。

布団も薄手のもので6000円程。
日本では同じものを買うと3~5万するそうです。

「へっ、そんなもの…」と店内をブラブラしていると
枕?これ良いな…。そんなそぶりを見せると店員は
その枕を広げて布団にするギミックを披露してくれました。

驚きました。枕のチャックを開けると昼寝用の布団になるのです。
欲しい…。ということで一つ3000円弱。もちろん純シルク布団。
安い…。2つ買っちゃいました。これはおススメです。

デザインも赤い方は「福」と大きくデザインされています。
中国人はこの文字が大好きだそうです。

20090405021.jpg

シルク工場の次は昼食を兼ねて七宝の工場へ

陶器ではなく、銅の壷に銅の仕切りでデザインして
そこにエネメルの粉を何回も入れて磨き上げる工法です。
とてもきれいなものが出来上がります。

20090405022.jpg

もちろんお土産として売っています。

もちろんこんなお荷物になるものは買いませんが…

しかし、お店も広大ですね。

20090405023.jpg

さて、お楽しみの昼食です。
広東飲茶のレストランが2階にあります。

20090405024.jpg

まずはビール。

バスですから昼間っから飲みます。20元(300円)
ちょっと中国にしたら高い?

このビールは北京の地ビール。あれ?酔わない(汗)
アルコール入っているの?爽やかなビールではありますが…

20090405025.jpg

さて、飲茶です。

もう大量に出てきます。
これが全種類ではありません。どれ程出たかはもう分からないくらい。
足りなくなったら自分でビュッフェのように取りにも行けます。
日本で食べてたら一体どれだけとられるでしょう。

今回の旅行は全て食事付きなので気にすることなく
食べまくります。さすがにお腹いっぱい。

20090405026.jpg

特にお気に入りの飲茶はニラが大量に入った餃子。

何度も何度もお替りしました。匂いがすごい(爆)



ということでまだ午前の部、午後は万里の長城に向かいます。
なんとも詰め込み過ぎのスケジュールにただただ驚かされます。


コメント

水習字萌え。筆を寝かせてこれだけサラサラ書けるのは本当に凄い。
こちら↓を見ると、筆は手作りみたいですねぇ。
http://www.youtube.com/watch?v=nEwF4rpCfKg
そして、手作りの巨大筆を持って、検問で不審がられつつ、
北京でおじさんとストリート水習字ガチンコバトル!
まぁ、コテンパンにやられるんだろうけど。
、、、自主トレはどこでやれば良いのかな?

筆はある程度コシがあって水につけると保水性が高く、先が尖るようにまとまる素材ですよね。一体どんなものがいいのでしょうかね?

自主トレはアスファルトでなく、砂の配分が多い(手抜)コンクリートの駐車場ですかね。まぁ磨り減ったアスファルトもOKかも。

本当は高価な一枚板の敷石が良いんでしょうけどね…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/259-acef5f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!