2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢の北京旅行:上海料理とカンフーショー編



見所満載のスペシャルショー

最後の観光です。長かった…

その前に豪華な夕食に行きます。

20090413004.jpg

泊まっているホテルよりも数段良いところで上海料理。

ま、このスケジュールでは寝るだけですからね、ホテルは。

20090413003.jpg

まずはビールです。

地ビールの純生版。
チンタオビールといい勝負です。旨い!

20090413002.jpg

上海料理は醤油ベースで甘辛い味付けだそうですが
肉団子くらいでしたでしょうか、そんな味付け。

しかしたくさんの料理が今回も出ます。
載せられなくて皿の上に皿を載せています。

あぁ~美味しかった…




が、ここで一悶着が…

実はガイドのIさんと共に私たちに付き添っていた
写真学校の学生の若い女性が勉強と称して
写真を撮ってくれたり、自分のカメラで納めたりと
お手伝いをしながら一緒に行動を共にしていました。

しかしこの食事の時に今まで撮った写真を
一枚700円と言って売りつけてきます。

家族が多い人は10,000円程にもなり、
計算しながらお金を使ってきているのを分かっているのに
そんなことを言い出すのでみんなからブーイングが出ます。

でも心優しい日本人は買ってしまいます。

しかし写真学校とかいいながらもカメラはデジイチでもないし、
できた作品も正直へたくそ。

よくこれを売れるなぁーと逆に感心してしまいました。
ま、あまりにもかわいそうなのでそれなりに撮れている
集合写真を一枚買いましたが…

ツアー客の中にはこんなことを言われた人も…
「5人兄弟の長女で母が病気でそのお金を稼ぐため」と

はぁ?中国は一人っ子政策ですが…(爆)

また、食事の後にカンフーショーでしたが
ショーはオプショナルなので我々2号車の客は
希望する1号車の人と一緒に1台のバスで向かいます。

それで1号車の客と話す機会があったのですが
このオプショナルツアー料金も子ども料金が違いました。

多くの子どもがいる2号車は相当ボッタくられています。
(私は結局1号車と同じ金額でしたが…)

普通に騙しが蔓延っている文化ですよ、中国は。
本物は無いと思った方がいいし、信じてはいけない。

20090413005.jpg

中国の人は本当に赤が好きですね。

会場のロビーも真赤っかですよ。
少林寺の小坊主が座っていて記念写真が取れるようになっています。

20090413006.jpg

開演前に息子は1人で売店に行き、
夕飯を食べたにもかかわらず、ポテチを買ってきています。

よく食べますね。

3キロも太って家に帰ってきたことに
落ち込んでしまうことになるなんて汁知らず…

20090413007.jpg

席はあまり良いところではなく残念でした。
前日の雑技団は近くて良かったのですが…

また、全て英語でのお芝居でしたが英語の字幕が
LED掲示板で流れてきます。でも分からんところが多かった(汗)

20090413008.jpg

今回のショーも撮影は一切禁止。

内容はジェット・リーの映画「少林寺」に準じています。
とにかくアクション有りのバレー系のダンスが有りの
盛りだくさんで息子も私も感動してしまいました。

これは絶対に観るべきです。

最後は写真撮影用に舞台に並んでくれます。

20090413009.jpg

ロビーでも写真用に並んでいます。
サービス精神旺盛です。

遠くて分かりませんでしたが皆さん化粧が濃い。

20090413010.jpg

遅くにホテルに帰りましたが
早速ゲームを始めています。

疲れていないんでしょうか?
あれだけ食欲があれば、大丈夫でしょうけど…


さて翌朝は日本に帰ります。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/267-234bb604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!