2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器を弾きたい



息子がボソッと言った…

「何か楽器を弾いてみたい」と…

相方は子どもたちにエレクトーンを習わせていたので
「ピアノでもやれば」っと言うし、

私は小学校時熱狂したアルトリコーダーを
演奏するのは好き(今はされるのも…)でしたが
一切そういった教育を受けてこなかったので
ただ自分が弾き語りなんかやってみたいという思いのまま、
「じゃ、一緒にギターでもやろうか?」と誘いますが、

「誰が教えてくれるの?」と突っ込まれました。

確かに…(汗)

何か気軽に楽器に触れることが出来ないか?
そう思うわけです。

カラオケはカラオケでその道があるのですが
同じように自分の秘めた感覚だけで演奏出来たらどれだけ楽しいか、
更にそう思うわけです。

では、どんな楽器ピッタリか調べると…

20090509001.jpg

まずはテルミン。

巻頭のように昔からあるようです。
東欧風の香りがします。

赤いのは大人の科学マガジンのテルミンminiですが
なんとプラモの様に自分で作ります。
また、上級モデルでPremiumというのも出たみたい。

しかし、ようつべで見る限り、難しそうだし、
音も何だか…、幽霊が出そう!?

ま、指揮棒を振るように演奏できるというところで
これはこれで面白そう。

そしてテルミンminiをアマゾンで見ていると…



スタイロフォン発見。面白そう!格好良い!

アナログシンセを駆使しながら演奏しています。
こう見るとカシオあたりのオモチャキーボードでも出来そうですが
わざわざ感がなんだかとても素敵です。

この動画内のSX-150って確か…
大人の科学マガジンのサイトにあったはず…



別冊のSX-150の紹介動画。

紹介している方のキャラ濃杉です。
訳のわからないアナログ機器ですが
紹介サイトでは10分でモーツアルトが弾けるとありました。
本当か!?

筐体がそれぽくて、
置いてあるだけでも絵になりそうですね。



SX-150になんとキーボードをつけてしまったツワモノも…

ようつべ見ていると他にもスタイロフォンとの合体系も
多数アップされています。
もちろん演奏しているものも。

そして先のSX-150紹介動画内にDS-10という言葉が…



気軽にマニアックにどこまでも突き詰めると
これになりますでしょうか?

あわせて#002#003もご覧ください。

20090509002.jpg

ということでさっそくGET!

使いこなすにはかなり難しい(汗)
感覚での演奏は十分以上に楽しめます。
リズムボックスがノリノリ。

気に入りましたら是非お買い求めください。
サイトはこちらです。



「イパネマの娘」を
こうやって弾けたら楽しいでしょうね。


コメント

ぬぉ!DS-10買ってる!
一度は物欲フェードアウトさせたけど、やっぱり欲しい。
私も音楽をなんだかんだ言ってる割には、楽器は何もできないのです。
(ギターは「F」で挫折)
MUSUKOの音楽表現の初期衝動の発露も萌えます。
電子系もいいけど、、、
せっかく耳が良い時期だし、
体力も余ってるだろうし、
もっとアコースティックでフィジカルで、
そこそこのサイズでそこそこの音量で、
初期投資も少なめで単純に音を出すプロセスを楽しめて、
演奏している姿も、見た目にそこそこ格好良くて健康的で、
今後出会うであろう、楽器をやってる友達とセッションし易い感じで、、、
てな楽器で連想するのは、、、
「カホン」と、、、
http://www.youtube.com/watch?v=4J3FmmKdZUw
ブルースハープか?好みの音楽ジャンルにもよるでしょうが、、、
http://www.youtube.com/watch?v=NLHox6yfeAU
特に2つ目の動画は、yutaka-sさんがアコギを覚えて、
MUSUKOとブルースをセッションしている様を、
ようつべにアップする展開に期待。
最初は音を出すことに親しめば良い訳で、
「誰に教えてもらう」とかは、、、
気に入った楽器の音を出すプロセスに嵌ってからで良いような?

カホンとは人間バスレフですね!
感性の鼓動をそのまま表現するには最高でしょう。
タタキガタリが果たして成立するかは微妙ですが
内なるパワーの表現はいつしか叫び声と変わるでしょう。



親子でセッション、良いですね。憧れちゃいます。
そろそろYuiちゃんにも何か…。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/283-507a6c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!