2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道一泊二日の旅:その5



新旧揃い踏み

さて旅も佳境に迫ってきました。
その5は札幌ファクトリーと旧永山武四郎邸を…



羊ヶ丘展望台の後、昼食まで時間があるので
白い恋人のお城かスキーのジャンプ台か
どちらかの観光をしようとガイドさんが色々と提案しますが
結局ショッピングモールの「札幌ファクトリー」に向かうことに…

また市内に戻ります。

20090606002.jpg

札幌の中心を流れる豊平川

アイヌ語で「サッポロ・ペツ」、札幌の語源となった川なんですね。
(ガイドさんが言っていました)

20090606003.jpg

来た道を戻り、「札幌ファクトリー」に到着。

やはりサッポロビールの工場だったようで、
このようにアイビーが絡まりあい、赤い星も相まって
まるで人民帽のような趣です。

この内部はお土産関係のお店と
一階は生ビールなどが売りの大きなレストランとなっています。

20090606004.jpg

その敷地内でも「新」の部分であるショッピングモール棟
一~三条館と建物が別れていて、
建物自体に特色を持たせています。

20090606005.jpg

二条館はなんと全館アウトドア系のお店が並びます。
関東でもこんな造りのショッピングモールはないのでは!?
アウトドア系(特にアパレル)は無いものは無い程の品揃えです。

しかし、如何せん月曜日なので空いています。
みんな暇そう…



さて、裏の公園でも散策しましょう…

20090606006.jpg

えーーー、鳩がうずくまって休んでいる。

私はこのように休んでいる鳩を見たのは初めてです。
地べたに全体重を投げ出している姿は
もうヤッテランネー、みたいな感が…



公園の奥に行くと巻頭の洋館が現れます。

実はガイドさんにこの近くで時計台以外で面白いものがないか、
地図を見ながら聞いたのですが、特にないという返答。

ファクトリー裏の旧永山邸を指し示すと
「大したことないですよ」とそっけない素振り。
時間もないことから一応行ってみました。

20090606008.jpg

この方がこの家の持ち主だった
永山武四郎第二代北海道庁長官

時代を感じさせる旧い建築物は良い被写体です。

20090606007.jpg

通路。ちょっと昔の病院の様

20090606009.jpg

本来の玄関。

20090606010.jpg

社交場として使われた?大広間。

20090606011.jpg

トイレの手洗い場。銅の色が素敵。

20090606012.jpg

階段を上がったところ。ちょっとした休憩処。

20090606013.jpg

2階のお座敷の窓側廊下。

建物の内部はまるでミニチュアのようにこじんまり。
現代人とは体格が違いますからね。

20090606014.jpg

春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、雪景色、
どれをとっても素晴らしいそうです。



誰?大したことないなんて言っているのは…
ショッピングモールよりずっと見応えがありましたよ。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/303-85ab3f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!