2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳選されたバック・グランド・ミュージック



近所の素敵なオネー様からのプレゼント

普段よりマッキントッシュで自動再生(SoundApp、古っ)
→シンプルな真空管アンプ(音が柔らかくてダイレクト)
→ウォールスピーカー(一流メーカーも最近製品化!)
でBGMを流している我がお城…

といっても特に機材にこだわっている訳でもなく、
凝っている人からしたら眉唾物ですが、
極低出力で掛けている分にはとても心地良いシステムです。

また音楽も全くこだわりなし。

図書館で借りてきた適当なクラシックやらジャズ、インスト等を
音楽ファイルにしてシャッフルして流しているだけ。

ただ図書館はしっかりとしたものが多く置いてあるので
うちに来る音楽好きの人には結構好評です。

ですので自然に音楽の話題に…

私もそんなに詳しくはないのですが、
色々と話していると、やはりライブが一番だねという話に。
CDで聴く音楽もその時のための予備練習のような…

そんな音楽好きの近所のオネー様から
今回BGMに使ってみてとプレゼントされました。



まずはKeith Jarrett

まるでピアノ弾き職人。うちにピッタリ。
難病を克服しての繊細な旋律に心奪われます。

やりますね~



GIDON・KREMER「HOMMAGE a PIAZZPLLA」
ギドン・クレメール「ピアソラへのオマージュ」

タンゴ系バイオリニスト。

情熱的です。
かといってBGMで流してもとんがった感は無し。
オネー様の心情を映しているようですよ。

しかし、一流ですね、クレメールは。
ファンが多いのも頷けます。



その他、

小松亮太「ブエノスアイレスの夏」

繊細なタンゴのリズムを刻む若いアーティスト。
葉加瀬太郎さんの「情熱大陸のテーマ」で珍しいハンドネオンを
小気味良く、弾いています。

う~ん、韓流スターのように格好良い…
オネー様、好きそう…



普段の生活に微かに聴こえる心洗われる素敵な旋律。
そういうものが無いという方がおかしい事だと
気付く時がきっと来るように思えます。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/332-e37a7b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!