2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨いもん食い:シャランドリラ



本格派フレンチのお店。

さて、家族全員揃ったということで、
少しは背伸びをして気になっていたフレンチレストランで
ランチを堪能しましょう。

やはりこういったところはさすらいの男一人では入れない。
男同士も入らない(例え親子でも)
また小さいお子さんがいる方も難しいかな。

家族やら女性を含めたお仲間、団体、
女友達(これが一番似合うか)、夫婦(歳に関係なく)、
カップル等などといった、限定がついてしまうものです。

そんなお洒落なお店の場所は
広い国道沿いで、しかし左右、山や深い森に囲まれています。
そんな中にポツーーーーンっと…

一体どんな感じなんでしょうか。

20090817001.jpg

人気のお店らしく、車でいっぱいです。

ウッドパネル好き羨望の車と並んで止めます。
木で影が出来るというのはいいですね。

建物は一見イタリアンのお店のように見えます。
しかし随所にこだわりがあります。なんにしても外観はシンプル。

20090817002.jpg

メニューはコース料理のみ。
全くのフレンチレストランです。

お肉とお魚のコースで私たちはかなり遅い時間に入ったので
お魚コースに自動的になってしまいました。

因みにお魚コース1,600円也、
お肉コースが1,900円也。

なんともリーズナブルです。

20090817003.jpg

室内は落ち着いた雰囲気。

ワイン色のテーブルクロスのインパクトが
センスの良さを強調させます。

衣類や荷物を置くためのカゴが心憎いです。

20090817004.jpg

壁や天井は白木と白い漆喰のコンビネーション。

こんな吹抜けの建物だと通常エアコンは
吊り下げ横吹タイプになると思うのですが、
店内の均一な温度管理ができる天井埋込式のタイプが。
見た目にもいいですよね。こういうところにもこだわりが。

とにかくきれいなお店です。

ただ小さめの判のセンスの良い油絵が飾ってあると
なお引き立つような気がします。

少しシンプル過ぎるかもしれません。



ということでお料理の方は…

20090817005.jpg

前菜。フエフキダイのカルパッチョ。

なんとも珍しいお魚が出ました。
こんな山深いところで…

新鮮ですよ。味が深い。見事にお魚を生かしている。

本格的なフレンチですが、
お箸で食べたい気分ですよ。

20090817006.jpg

冷製コーンスープ。

ビシソワーズに似た、冷たいコーンスープです。
暑い日にはピッタリですね。

エアコンもビンビンに効かせることなく、
このスープのためか冷え性なお客様のためかわかりませんが
非常に良いコンビネーションだと思いました。

濃厚な生クリームが冷たいがために
とてもすっきりとした味わいになっています。

20090817007.jpg

メインディッシュ。メダイのポワレ。

これも本格的ですよ。
お魚はもちろん美味しいですが、
その下に隠れている冬瓜(とうがん)の煮物、
これが旨かった。味付けも申し分無し。

冬瓜と書きますが、実は今が旬の食材なんですよね。
農協の販売所でここに来る前に買いました。
値段もお手頃だし。

しかしこんなにうまくは味付けできませんよね。
あまり皆さん食べないものですが、家では大人気です。

ですのでこの料理が出た時はみんな大喜びでした。
もっとメジャーになってもいいお野菜だと思います。

20090817008.jpg

娘は小さい時からこういったところにも連れてきたことがあるのですが、
息子はやはり男の子ですから何かと豪快な場所ばかりで
テーブルマナーというものも覚束ないようです。

例えば結婚式等でも箸が出たりと、
気にしないで食べられるところばかりですからね。

少しでも手習いになるように
復習のつもりで軽く教えながらコース料理は進みますが、
息子にしたら食べた気はならなかったのでは。



話は変わって、左のワインボトル、
実はこれお水なんです。ご自由にお継ぎ下さいとの配慮。
こういうのは初めてですが、良いサービスだと思います。
お水も美味しいし。

意外にお店としては堅苦しくはならないように
しているのかもしれませんね。

もちろん箸を頼めば出てくることでしょう。
ただ料理がフレンチなので量が少ない。
箸で食べてしまうとあっという間という気はします。

わざとゆっくりとした優雅な時間を過ごすために
テーブルマナーを駆使するというのも良いことなのかもしれません。

20090817009.jpg

最後はコーヒーか紅茶。

シュガーはこういったお店では定番なもの。
多めに入れてあまりかき回すことなく飲みます。
そして最後に甘く溶けたところをスプーンですくって
「美味しかったね」となります。

私はコーヒーでしたが、非常に美味しかった。
コーヒーの美味しいところというのは間違いがありません。
(最後に出てくるものですが…確信ですね)

それで総評ですが、
料理は文句なし。で、それがとてもとてもゆっくりと出てきます。
もし腹減らしの人だと苛立つかもしれません。

ただこういった場所はフィルタリングを抜け出した人のみが
来るのだと思うので、そういった方は別の場所で食べるべきでしょう。

家族や恋人、友人同士で雑多な話を語らいながら
悠久に続くような時を過ごす。これですよ。
素晴らしいことです。

ですので全てが終わってしまうと少し物悲しくなってしまいました。
しかしこういう感情がないとまた来ようとは思わないでしょう。

そういう点でも中々良いお店だと思います。気に入りました。





コメント

お盆休み…
我が夫婦は…
あのホルモン屋さんで呑んだくれてました(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

食も体験ですよね。子どもにも色んなものを食べさせたいと思います。

ホルモンはお酒が飲めるようになったら絶対に連れて行きたい!
ホルモンは極楽の食べ物ですよ。

こんちわー!今度行ってみます!

家族で行きましょうねー。
(オネーちゃんとでもいいですが…)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/352-7766b153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!