2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨いもん食い:マハラジャのインドカレー



インド人の迫力に圧倒されっぱなし…

最近インド人のカレー屋さんが非常に多い。

しかもどこも美味しいところばかり。
…というかみんなお味はそっくりで違いを見つける方が難しい。

お彼岸のお墓参りの帰り道、昼食はそんなインドのお店に寄りました。

しかし、インド人、中国についで人口の多い国ですが、
一人っ子政策というのは無く、人口も増え放題。

中国はこれから尻すぼみになってきますが、
インドはそんな心配も無く、計算高く、頭が素晴らしく切れる人ばかり。
しかも日本人が思っているよりもずっと勤勉。

私も職業柄、インド人を見てきていますが、
まぁ、よく働きますよ。しかも無駄を嫌います。

どいつもこいつもインド人というのは
これからの地球上の人類としては
あながち嘘ではないのかもしれませんよ。

20090922006.jpg

インドカレーだけど建物はオランダ風?

対面には風車を真似た建物があります。
もちろん最初からインドカレーのお店ではありません。

経営に行き詰った飲食店をそのまま使っているのです。
(インド人は無駄がない)

20090922007.jpg

ドアには激しい主張をするチラシを貼りまくっています(汗)

なになに?食べ放題、平日980円(安い)
休日1,080円(うほっ、いいじゃない~)



外は東松山インターを利用する車と秩父に向かう車で
ごった返しています。

混む前に早めの昼食を済ませようということで入りましたが、
店内は意外に狭く、これから入ってくるだろう人のために
2人がけの席へ。

すると元気なインドの(多分)店長がにこやかに喋り始めます。
しかもマシンガンのように…

それが何を言っているのかわからない(汗)

要約すると、
「今日は食べ放題ランチはなくなりました」
「この1,455円のこのコースになります」
「ガーリック、その他の種類のナンはランチには半額になります」
「ナンとライスどちらがいいですか?」

この順番で攻め立てるように、こちらの話を遮るというか、
言わせないような口調で喋り捲ります。

「えーと、普通のナンはないんですか?」
「ありますよ。食べ放題ですよ」

普通のナンが無いような、
味のついたナンを何とか食べさせようとしているような、
そんな言いっぷりを耳にして飽きれるというか、ポカーンとしてしまいました。


って、その前に食べ放題じゃないじゃん…

「ナンと、飲み物は食べ放題飲み放題ですよ」
「あと、サラダバーがありますよ」

20090922012.jpg

こちらがサラダバー。

サラダとスープも飲み放題。ライスもよそり放題。
カレー以外はお替りし放題なんですね。

しかし、価格は1,455円です。

私の後から続々と人が入ってきましたが、
皆さん、「あれ?食べ放題じゃないの?」という言葉。

それでもインド人は、
「食べ放題、今日はなくなりました。ナンも飲み物も食べ放題ですよ」
というやっぱりマシンガントーク。
皆さんも圧倒され、翻弄され、
料理を待つ間、周りを何度も何度も見回しては
腑に落ちない顔というか、泳いだ目をしていました。
(正直笑えました)

来る方来る方、私のように1人ではないですし、
家族同伴の方もいますから、
ランチは5,000円くらいにとは思っていたことでしょう。

サラダバーに行っては空のカレーリザーバーを
開けてはまた目を泳がしている状態。


やっぱりだまされてますよね。



20090922009.jpg

そんな周りを観察していると料理はやってきました。

おぉ!中々豪勢ではないですか。

カレーは3種類、
野菜カレーが標準でその他いくつか選べます。
もちろん辛さも甘中辛の3種類から。

私はマトン(奥)とシーフード(右)にしました。もちろん辛口。
やっぱり旨い!どれも旨い。外れは無し。

その他にシシカバブーのようなソーセージのようなものと、
定番のタンドリーチキンが付きます。旨いねー

チャイは飲み放題。もうとにかくこれを飲み捲くりました。
なんでインドのミルクティーはこんなに美味しいんでしょうか。

飲み放題のスープも絶品です。
これは中華風のような、インド風のような…

味は文句のつけようがありません。

20090922010.jpg

そしてこの巨大で熱々なナン。

これが他で食べるよりも美味しいかも。
ナンが旨いと全てが許されてしまうような気がします。

…そう考えると特にあのお値段は問題が無いですね。

しっかりと2枚、いただきました。お腹いっぱいです。

20090922011.jpg

最後はタンドリーチキンで締めましたが手はこの通り。

タンドリーチキンって、身までしっかりと色が付いていますが、
漬け込むにしてもよく細胞組織にまで染みますよね。

手を見ていたら何だか取り返しのつかないことに
なってしまうようなそんな気がします。

また、気付かぬうちに袖にカレーが付いてしまいました。
折角買った服が台無し(汗)

なんにしても美味しいからといって夢中にならず、
服も汚れていいものを着て食べるべきですね。

帰ってから全ての服の洗濯をせざるをえませんでした(爆)



なんともエキサイティングなインドカレーのお店です。







コメント

インド人ではなく、パキスタン人だったりして。。

うちの近くのカレー屋さんもパキちゃんと印ちゃんが半々です。
国同士は中が悪いですが仲良くやっているようです。

パキスタンの国旗が出ているところは、インド人じゃないですよ!

あ、ホントだ、パキスタンの国旗が出てる(汗)
このお店は少し騙された感がありますから、
そういうのを今度は良く見て入ってみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/383-88b6e5e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!