2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアのメーンイベント 2009



アバターではなく実物です(爆)

携帯で動画を観る方はこちら

この時期の仕事以外での大イベントが
11月1日に晴天、無風の暖かい気温の中、
開催されました。

このために仕事を終えてからの夜、
三度訓練を行い、大変な思いをしてこの日を迎えます。

動画の動作に対する突っ込みは絶えないでしょうけど、
なんとも楽しい時間だったような気がします。



撮影はリンクのブログでもお馴染みのEDDYさん。

ありがとうございました。

なんともアナーキーな動画を見事に残していただき、
…編集大変でした(爆)

これからも毎回頼みますのでロックでブルースな
映像をよろしくお願いします。


それであまりにも登場人物が重量級な映像なので
軽快な音楽でまとめてみましたがいかがでしょうか?
…この辺で許して。


来年はメンバーが大幅に変るかもしれませんが、
一期一会、この瞬間をいつでも楽しめるよう残しておくということは
素晴らしいことですよ。



で、今回初めてビデオ編集ソフトに挑戦してみました。
使ったものはWindowsXPに標準のWindowsムービーメーカー。

凝ったことはできませんが、これで十分。
色んなものを試しましたが私の環境では動かないものばかりでした。

そんなこんなで月曜日の休みは
動画編集の勉強とやっぱりWiiですよ。

Wiiはもう腱鞘炎になりそうな程やりこんでいます(汗)



最近はインドアの方が好きかも…



コメント

うっ・・・・!(^_^;)
ブレア・ウィッチ~ばりのカメラワークを狙ったんだがな~。(大嘘)
これ見て気持ち悪くなった人ごめんなさいm(__)m

もうね、家の者共、皆、大爆笑ですよ。何度観ても飽きません。腹痛いwww
家族が笑って楽しくしてくれているのを見るとこれ以上の幸せはないような気がします。

しかしキャラクターが揃っているとその辺りのテレビ番組に勝てるんじゃないかとさえ思ってきます(爆)

これに懲りずに?また素敵な映像をよろしくお願いします。
あらためてありがとうございました。

なかなか

コミカルな動きがいいですね~。

僕も付き合いで「自衛消防隊訓練審査会」のビデオ撮影を
頼まれるんですが、あれって軍隊の名残りですね。
最初見たときは新鮮でした。

「火事だー!火事だー!」ってマイクに向かって叫ぶと
「ただいまの音量、○○デシベル。」って発表されてその数値が高いと
応援団が「キャー!」と黄色い声で騒いだり。
ご本人たちの努力を馬鹿にしちゃいけませんが、大声コンテストかと(笑)。

シンクロやフィギュアの様な細かい動きを(本来なら)要求される消防操法はこのボランティアの1割にも満たない活動の一つですが、実は実践でも役に立つ動作が随所に散りばめられていて若手は必ず一度は経験することなんですね。
(殆どの活動は実践主義)

私は始めてから2年目ですが、いざ出動となり、現場に急いで向かいますが、自分自身でも何もできないことが多く、歯がゆい思いをすることがあります。

増してや一人で何も訓練していない人は尚更なことでしょう。

自分の活動している場所で災害が起こった時に誰かがやってくれるだろうというのは無責任だし、全く何も知らないのに出しゃばったことをすることで迷惑になることも多々あると思います。

全ては共同体の中に生きる一個人の意識によるものだと思いますが、少し視点を変えて、災害から人を守るということは自分の家族を守るということに繋がるということを考えてみてもいいと思います。

今の時代一人でいる方が気楽とか自分はいつまでも若いからと思っている人が余りにも多いのに驚きますが、さすがに40を超えたら(遅いくらいです)次の世代を守ったり、育てたりできる大人にならなければ少し恥ずかしいですよね。どうしようもなく子どもみたいな大人が多過ぎ。

普段、そういった受動的にしかも自慰行為ふける日々を送っている現代の人が多い中、人を助けるため、生かすため活動していけるということにとても誇りを感じています。
(ここが軍隊とは違うんです)

タニシさんやこのコメントを見ている方々も是非、このボランティアに限らず何か人の役に立つことをしてみるのもいいと思いますよ。


そうですね・・・自戒の念もこめて読みました。
昨日のコメントで誤解を与えていたら申し訳ないんですが、僕も消防訓練の重要性は理解していますし、ああいう軍隊的(という言い方が適切かどうか?)な訓練方法がもっとも効果的だから今も続いているのだと考えています。
ただ、たまたま僕の見ている訓練がスポーツ観戦か何かのようで、緊張感があるんだかないんだか、複雑な気持ちになった・・・と言いたかったんですけど、考えてみたらあまり堅苦しいと誰もやらなくなっちゃいますよね。あれはあれでバランスが取れてる・・・と思えばいいのかな?

人の役にたつこと。
文字で書くと簡単ですが、実践するとなると大変ですよね。
でもその大変さも結果的に自分の力になることも多いのでしょう。
忙しさを言い訳にせず、何かそういうものとの出合いがあれば積極的に挑戦したいですね。

…な~んて、私のコメントを読んだ後、動画を観たら妙にリアルアバターも格好良く見えませんか?見えないか(爆)

私も実は最初、同じような考えでした。「何でこんなことするの~?」みたいな。

でもやるとまたこれが面白い。活動とは書きましたが実は競技なんですね。全国大会も開かれます。

ま、動作を見ていると(身体つきも含めて)ゆる過ぎて申し訳ないと思ってしまいますよ。

で、タニシさん、こういうのもあります。
http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/
こちらは本当にリアルですよ。~的ではありません。

予備自衛官ですか・・・体力に自信ないなあ。
って、よくよく見ると応募資格でハネられちまいます(苦笑)。

私も年齢制限のゆるい技能枠(55歳まで)をみてみましたが、そんなに役に立ちそうな資格を持っているわけではないので断腸の思い?で辞退したいと思います。

EDDYさんのように帰国子女で外国語がペラペラなら協力したいのですが…

す・すばらしい動画です。
音楽は、サルサとかも似合いそう。
http://www.youtube.com/watch?v=dvF5amY3Wc4

よく観ると放水時の開脚角度、yutaka-sさんが抜群の広さですね。

イスチさんに褒められると非常に嬉しいです。
サルサも良い感じですね。更に躍動感がでてくるかも。

BGMの選択は難しいけれど楽しい。

因みに↑動画で使われているBGMについて知りたいという人がいるかもしれないのでちょこっと書きますが、ボサノバ界の巨星、カルロス・ジョビン先生の
「Two Kites」
という曲で、一番員&二番員が凧、ホースが糸という関連付けで選曲してみました。
サブボーカルの女性はリサ様となっています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/409-83526e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!