2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリートビューで再訪:ジュネーブ中央駅付近、他


大きな地図で見る

いきなりイタリアからスイスへ

只今世界中を旅するのに夢中なyutaka-sです。

今回のエントリはちょうど6年前のこの時期、
スイスへ武者修行というか遊びに行った時のもの。

ジュネーブを中心にスイスの時計地帯である
西部に足を延ばし、9日間、夢のような日々を過ごしました。

で、ジュネーブでも最も中心部であるジュネーブ中央駅のすぐ傍、
泊まったHOTEL WARWICK(ホテル・ワーウィック)があります。

本当に中心部なのでどこに行くにも楽。
早朝より一人で旧市街からレマン湖まで歩いて行けました。

20091122003.jpg

夜ホテルに着いて早速翌朝レマン湖へ。

幻想的な景色にうっとり…


大きな地図で見る

多分この通り。

初めての海外旅行だったのでテンション上がりっぱなし。
景色を見て、実際に自分の肉体がこの場所に存在していることが
不思議でなりませんでした。

その日の午前中はアカシアにあるロレックス本社へ

20091122002.jpg

今は立派な社屋になっていますが
私が訪問した時は建てている途中でした。


大きな地図で見る

新社屋。中央の緑の建物。
これ以上は近づけません。

随分と変わりましたね。
以前はガラスは皆、ミラーの茶系のサングラスのような色をしていて
ま、紫外線対策なのでしょうけど昔の方が格好が良かったかも。

ここでトホホな話をひとつ。

ロンドンのヒースロー空港(顧客満足度最低最悪の空港)
経由だったのですが、さの如くストで荷物が届かず、
汚い普段着で見学させてもらったのは恥ずかしかった…

しかも幹部の人とその格好でランチも。

出た料理は今まで食べたこと無いようなフォアグラのソテーが出て
この人たちは毎日こんなものを食べているのかもしれないと
本気で思ったものです(そんなはずありませんが…)

しかし、豊かな国ですよ。


話は中央駅に戻ります。

ストリートビューを後方3クリック、右に3クリック!

右側入り口から入り、地下に降りていくと、
ディスカウントのリカーショップがあったり、
スーパーがあったりと意外に広かったりします。

20091122004.jpg

買うものは全てこのように個々がベルトコンベアへ。

ジュネーブはフランス語圏ですが、やはり世界一の
国際都市なので何とかなります。

たまに英語すら話せない人がレジにいたりしますが
その時は万国共通(かもしれない)ジェスチャーによる応戦。

未だに日本でも見ないような食材や吊るされたバナナに
圧倒されましたが、品数は断然日本の方が多いです。

また調理するよりも買ってそのまま食べるようなものばかりで
お惣菜コーナーは量り売りのようになっていて
こちらで済ます方も多いようです。

私たちはチーズやハム、ワイン(スイスは白がほとんど)を
買って大体が私の部屋に集まって夜遅くまで騒いでいました。

で、その地下入り口の左横、中華のお店。
ここで夕食を1回とりました。まだありましたね。

そのまま画面を90度させる。

この通りを夜も歩いたりしましたが、
こういうところですから娼婦がいたりします。
ひとり良い歳(見事なオネー様)の方がいらっしゃって、
白髪で白い化粧顔、全身真っ白なミニの服を着て
(ヨボヨボ気味!?で)闊歩していたのは驚きました。
スゴい目立ってる…

そのまま更に90度。

中央駅が見えると思います。

20091121001.jpg

当時はこんな感じで整備しているところです。
ホテル・ワーウィックの部屋から撮りました。

やはり地下道があり、広い通りを渡る時に使います。
お店もあったりしますが、犬の散歩で糞の始末という
習慣が無いらしく、糞だらけでヤバい場所です。

また一番大きな駅ですから入り口付近にも
たくさんのお店があり、お土産を買うにも事欠くことなく、
私はキヨスクのようなコンビニのようなお店で
20種類以上ある板チョコを全て2枚組みで買うことに。
半端無い種類と量で家族には喜ばれました。

スイスはベルギー並みにチョコレートが有名で
有名店で買うとお金がいくらあっても足りないですから
その土地の人が食べるようなものを敢えて選んだわけです。
そんなものは日本では売っていません。

話は違いますが、日本でも売られている有名ブランドの
アクセサリーや時計などを勢いで買ってしまうようなものかも。
品自体も同じもので正直値段もほとんど変わらないはず。

といっても私も家族にスウォッチは買いましたが(汗)



しかしこのジュネーブという都市、
私の第二の故郷ではないですが(ある番組みたい)、
今の原点のような場所です。

あとルパンというイメージですかね。

あー、もう一度行きたい。




コメント

yutaka-sさんの肉体が6年前にレマン湖に!!!、
ということでうっとりしてしまい、白飯2杯いけましたが、
3杯目は無理だったようです(爆)。

まだまだデカ盛がずっとずっと続きますよ。
完食よろしくお願いします。

これだけ自己満足なブログだと爽快な気持ちにもなりますよ。ハハハ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/422-d3bf0533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!