2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENTAX K-7 で MOIVE という技



蒸らした構造的…

上載の映像、PENTAX K-7で撮ったのだそうです。

レンズはFA35mm F2、Sigma 70-200 F2.8。

素晴らしい、素晴らし過ぎます。

移ろいなピント、手保持による緩やかな揺れ。

今までもこのような映像はありましたが、
裏(カメラ)の軽さというか軽快さが出ていてとことん自然です。

本当に上手くレンズの特性を生かしている。
光の使い方も絶妙。モデルも素で良い。

遠景のボケもビデオ専用機ではこの味を出すには
相当高価なものでなければ撮影には耐えられないのでは。

やっぱりカメラはレンズですね。
光を扱うもの、全てはレンズが命でしょう。

更にこれよりも高性能なものも多いと思いますが、
この組み合わせでこれだけ写せれば、もう文句は無いかも。

ま、レンズを生かせるボディーがあってこそなのですが…
K-7、良いですね。MOIVEが撮れるボディーが欲しい。
もちろんおまけ程度のではなく、K-7並の性能は欲しい。

廉価なK-xもこれくらい撮れるのだろうか?
100種類もボディの色が選べるし、自分の一台を演出できるし、
今度よく調べてみましょう。…って買いませんけど(爆)

もしかしたらデジイチで自主映画というのが
メチャメチャ流行るかもしれませんね。
(知れ渡ればですが…)



この動画の作風も、
Love Letter(中山美穂主演、邦画)

一連の韓流ドラマ、映画

作風は中国他、アジア圏へ

という流れが見て取れます。

蒸らした構造的には少しモデルさんに
ムンムンな【汗ばみ感】が不足していますが、
その涼しげさもまた良しで、
表現としてはあまり差し支えないでしょう。

初恋フレーバーがあれば良いのです。



で、蒸らした構造とは?…を私なりの解釈。

パッと見の第一印象から既に心を奪われ、
公には彼女の行動をチラ見し、そ知らぬふりをするが、
目の届かない位置や頭の中では隅々をガン見で視姦、
イケナイ妄想に囚われる。初恋時に多くの人が経験する感覚。

対象者の様相としては、
目を合わせず、一心に何かを貫徹しようとしている。
その姿は美しく、健康的で、目が合う時はその奥深さに溺れる。


すれ違った際には爽やかながらも
汗のような蒸れたような残り香に酔いしれることがある。
どこが蒸れているのか?という微妙な妄想的卑猥感有り。
また学習及び経験不足からその蒸れている箇所の構造的見地も
関心とされ、重要視されることもある。


関係構造機能構造、双方の意味を成す。

【蒸らした】とは【ムラムラした】にある意味近いが
イノセント度がかなり違う。
ムラがひとつ足りないからという理由ではない。

オッさんが遠い目をして以上の事柄を懐古し、表現すると完璧。
表現方法は種々雑多。

…といったところでしょうか。

ま、だからどうした?とはなりますが…



あっ、あくまでもK-7の動画のエントリなのですよ(爆)




コメント

あー、この動画良いですね。
クソデカイインスタントカメラが、彼女の華奢さを強調している。
揺れとボケもアコースティックギターのビブラートの様です。
短編映画にするんだったら、後半で主人公に濃い目のメイクをさせたい。
で、赤字青字のコメント、「妄想ソムリエ」感が先鋭的にビンビン来てますね。
素敵過ぎます。むせる程。
初恋(妄想含めて)の残り香を反芻する力って、おっさんにとって大切です。
夕焼け空の写真を撮るだけでも、その辺の感受性が有ると無しでは大違い。
きっと、頭の中では詰襟とセーラー服でチャリで2ケツして下校するときの映像
とかが、浮かんでるはずなんです。
例えば、ワタクシがそれ系映像作品の金字塔であると思っている、
坂本真綾のマメシバのPVとか、どう考えても「おっさんの初恋審美眼」
が画面の隅々にまで行き渡っているのです。襟元の紐(?)の垂れ方とか、
最後の両腕を広げる演出とか。でも、それが愛おしいのです。
http://www.youtube.com/watch?v=2BWKGNXSoe8

>坂本真綾のマメシバのPV
正にムンムンw
妙に長いスカートと白いブラウスというのがコケティッシュで良いです。
完全防備が貞操感を強調させ、そうさせておいて雨で濡らすなんて、
なんて利己主義な演出なんでしょう。なんでも有りですね。
【蒸らした構造】の度合いも上がるというものです。

あと犬がチョー可愛いw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/437-f29b0a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!