2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月25日の休日

20100126001.jpg

安産の御神体だそうです。

プントの無い、相手にされない独り身の冬の休日、
近場でやっておきたいことをしてきました。

まずは後厄の厄払いを近所の神社で。

画像は檜(だったはず)の瘤で信じられないくらい大きい。
神が宿るのが判る気がします。

宮司さんとは気の知れた間柄なので
奥まで入って色々とマニアックな話をしようと思ったのですが、
地元の大きな神社の最高責任者ですから
何とも忙しく、この時期なら大丈夫かなと思っていたのですが、
不幸も重なり、結局迷惑になってはいけないので
早々に家に戻りました。

今年で厄払いは終わりですが
暇な時間にまた襲撃?したいと思います。

20100126002.jpg

まだ昼には時間があるので献血をしに
運転免許センターへ。

もう1年以上も御無沙汰ですよ。

私は海外旅行に行ったら半年は献血してはダメだと思っていたのです。
そうしたら4週間で良いですね。そうこうしている内に忘れてしまった…

献血の問診のお医者さんとも仲良しなので
その話を聞いたら無性に献血に行きたくなり、
早速出向いたわけです。

もちろん400ml、しっかりと抜いてもらいました。

献血センターにいる間は…

20100126003.jpg

飲み放題の…

20100126004.jpg

食べ放題で…

なんだかゆったりとした時間を過ごします。
人助けにもなりますから心も豊かになりますよ。

…が、なんと昨今は献血ブームなので
混むのなんのって(汗)

止血の時間が来たらまた早々に引き上げました。



その後、就業日に行けなかった相手先に出向き、
仕事をちょこっと済ませ、家に帰ってから昼食を摂って、
血を抜きましたから安静にしていました。

やっぱりダルいです。

20100126005.jpg

夕方からはいつもの様にDINO君と今回は隣町の自然公園に
散歩&野鳥を撮りに行きます。

着いて早々、物凄い人懐っこい鳥と遭遇。
どんどん近づいても逃げようとしない…

20100126006.jpg

アオジ。

撮った後、近くのバードウォッチャーに
この鳥の名前を聞いたので間違いないでしょう。
好きな人は、コンマ何秒でその鳥の名を言い当てます。
これもまた素晴らしい。

20100126007.jpg

こんなに近づいても、
DINO君がいても大丈夫。

バードウォッチングの地元の名所ですから
鳥も慣れているのでしょうかね?

とにかく可愛くて可愛くて仕方が無い!

20100126008.jpg

ピクセル等倍で細かいところまで観察できます!



バードウォッチングはかじり始めたばかりですが、
今は身動きのとり辛い超望遠を構えて静かに撮るのが主流ですが、
そのように鳥を待って撮るよりも、積極的に森の中を動いて、
出てきた鳥に対して300mm位の軽い望遠でゲットした方が
効率が良いし、楽しいのではないかと思ってしまいます。

今はデジイチでAPS-Cサイズで望遠向きだし、
手振れ防止もガッチリと効きますからね。
手持ちで十分に撮れます。

そんな考えで撮った今回の鳥は…

20100126009.jpg

ルリビタキ。

こんなに鮮やかな青なんですかね?

暗い森の中、ちょっと遠めなのでピンが甘いですが、
可愛く撮れました。

ファインダを覗いている時は良くわからないのですが、
再生するときれいな鳥が出てくるというのは今の時代ですね。
やっぱりデジタルカメラは便利です。

とにかく可愛い鳥です。

20100126011.jpg

シロハラ。

多分この名の鳥でしょうね?ダミアン先生。

ツグミとほとんど同じに見えますが、
やっぱりあまり可愛くはないですよ(汗)

ツグミ系はたくさんいますね。



森の中を歩いていると…

20100126010.jpg

狭い道でポニーに遭遇!

全く何があるかわかりません。
崖の上から先生と可愛い女の子たちで下りてきました。

大人なのにちょっとドキッとしたのは内緒です(爆)


携帯で観る方はこちら

意外とデカイかも…



さて、うちに帰ろ…



何だか今日も良い休日でした。




コメント

遅くなりましたが、鳥の名前は合ってます。
上級者は季節、環境、鳴き声などからも判断しますからね。
ただ、予想外の珍しい鳥だったりすると間違うこともあるかもしれません。でもこれだけのちゃんとした写真があれば1秒でわかります。
しかしルリビタキとは羨ましい。長いこと見てないなぁ(←単に冬に外に出てないだけ(汗

Re: タイトルなし

良かった、合っていましたか。

アオジは本当に聞いて良かったです。とてもとても調べることはできなかったかも。
シロハラももちろんネットで調べたのですが、分かりづらいのなんの…

ルリビタキは家族から絶賛されました。本当にいるんだって。

予想外の珍しい鳥ってどんな鳥なんでしょうか。それが知りたい。どんな鳥か。

>予想外の珍しい鳥
迷鳥と言われる奴ですね。
間違って来ちゃう奴ら。

例えば、上にも写真のあるシロハラは姿形がツグミに似ています。
ですが、色が全然違うので、パッと見でも区別が可能です。
なのでパッと見だけでシロハラと判断したけど、実はマミチャジナイでした、何て可能性も否定できないかなと。
他にも図鑑にも載ってないような変な奴がやってくる可能性もあるかもしれません。
飼い鳥が逃げる「かご抜け」と言われるものもありますしね。
可能性は非常に低いですけど。

あ、この場合は写真があるので間違いないです。

マミチャジナイとは変った名前ですねw

迷鳥…なるほどなるほど。イレギュラー的な鳥なんですね。
わからなかったらまた聞きますのでヨロシクね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/473-a6df5f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!