2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSUKOの山行日記【弓立山編】

20100218001.jpg

高さ:426.9m

行った日:2006.3.18

ぼくはかねつきどう山に登って
山が大好きになりました。
それで近くてもう少し高い山を本で探していたら
ときがわ町にある弓立山と言う山がありました。

初日の出登山で何回も登っているあの山です。


大きな地図で見る

山道は表示できないので地形図で。

20100218011.jpg

車を保育園のちゅう車場に止めて出発します。
後に見えるのが弓立山です。

どの登山者もここに車を止めて大丈夫です。
ただ送迎の時間帯もあるので
邪魔にならないようにしたいです。

登山口も保育園の門を開けて行きますが
出入りはもちろんいつでもOK。
やっぱり戸締りはきちんとしたいものです。


20100218003.jpg

登り始めたら、
すぐに道にまよってしまいました。
本当は右に曲がるのですが、
真直ぐ行ってしまいました。

もう何度も書いたことですが、
ここは迷います。ヤバい。
真直ぐ行くとそのうち道が無くなり途方に暮れます。
お墓の側道を上がっていきましょう。


20100218004.jpg

急な坂でしたが岩がなくて登りやすかったです。
山道は落ち葉がいっぱいつもっていて
やわらかかったです。

今思うと非常に簡単に登れる山だと思います。
落ち葉がたくさんありますが、
登るよりも下るときの方が難儀です。滑ります。


20100218005.jpg

男鹿岩(おがいわ)の上に立ちました。
ここから見るけしきはすばらしかったです。

20100218007.jpg

これは山行日記の中表紙の写真。

景色は東に開けているので初日の出は
最高のビューポイントになっています。


20100218006.jpg

男鹿岩の上でけしきを見ながら
パンやおにぎりを食べました。
こういう所で食べるといつもとちがって
おいしいです。

男鹿岩は大きい岩なので
上で2人程でしたらゆったりとくつろげます。
入り組んだ場所にあるので意外に
風がありませんので火を炊くにも向いています。
ただ、火の取り扱い、不始末には気をつけましょう。


20100218008.jpg

男鹿岩からあっという間に
頂上についてしまいました。
木が切られていてながめが良かったです。

古いガイドですと全く展望がないようなことが
書いてありますが、木を切ってしまえば
山頂は思いの他、平坦で台地に見えてしまうかも。

20100218009.jpg

頂上にパラグライダーの
飛行場がありました。
今度ぼくも空を飛んでみたい。

山頂は広いのでこんな施設があります。
もちろん車でここまで来ることができます。
なんだかパラグライダーの人気スポットの様。


20100218010.jpg

帰りは登ってきた道をもどりました。
登りの3分の1ぐらいの時間で
下山することができました。

もうあっという間です。



弓立山、気軽に登れて非常におススメです。
麓の園の子どもたちも登っていることでしょう。





コメント

MUSUKO氏の汗ばんだ前髪に癒されます。
ところでMUSUKO氏はバレンタインチョコをゲットしたのかしら?

えーと、チョコレートのことですが…
彼は家族全員からそのことをそれとなく聞かれ、
滅入っている様です。結果は目の泳ぎっぷりから察しがつきます。
モテるというのはガセというのが判明しました。
休日だったしね…
MUSUKOよ、これからだよ。

頂上にパラグライダーの飛行場があるということは車でも行けちゃうのかしら。
登山をする気はさらさら無いのですが、そこからの日の出は見てみたいなあ。

なに言ってんの。登りなさいよ。
…といっても一番最初の画像のところからは
多分初日の出が丸見えでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/492-35e8c702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!