2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSUKOの山行日記【破風山編】

20100219001.jpg

高さ:626.5m

行った日:2006.3.25

山にもだんだんなれて、
もう少しむずかしいコースの山を登りたくて、
破風山(はっぷさん)を目指しました。
初めてのクサリ場でとてもきんちょうしました。

少々難易度が上がっています。


大きな地図で見る

20100219002.jpg

百かん音めぐりの最後のお寺である水潜寺(すいせんじ)から
登り始めました。
クマ注意というかん板にビビリました。

百観音巡りがどれ程メジャーなのか分かりませんが、
全国の祭られているお寺の最後というのは
凄いことだと思います。

秩父巡礼の寺にもなっていると思いますので
非常に僻地にあるのですが、
非常に趣のある雰囲気のある場所でもあります。


20100219003.jpg

杉の木がいっぱい生えていました。
ぼくは花粉しょうだけどくしゃみは出ませんでした。

谷間を上がって行きます。
杉も高く太く、陰鬱な雰囲気を演出しています。


20100219004.jpg

札立峠につきました。
頂上は目の前です。
ここまで来るのにかなり疲れました。

急登が続きました。
ここまで来ると一安心です。

20100219005.jpg

頂上からのけしきです。
ちちぶの山々が見わたせました。
町もよく見えます。

山頂は狭いです。
景色は南から東にかけ開けていて
絶景とはいえませんが、
ここまで登ってきた甲斐があると思います。


20100219006.jpg

おなかが空いたので、
頂上でいつも食べているパンを食べました。
やっぱりおいしかったです。

この日はパンの他におにぎりも
握って持って来ました。
いつもながらに美味しい!


20100219007.jpg

大前山にも登りました。
頂上に社があったので5円入れて
おいのりしました。

ここまでの道筋は脆い稜線を
平均台とまではいいませんが
慎重に歩いてきました。
落ちるとヤバい場所です。


20100219008.jpg

クサリ場がありました。
初めてなので。少しきんちょうしたけど、
お父さんがやり方を教えてくれたので、
登ることができました。

クサリ場も初めて。
ガレ場が多く、落石にも注意が必要です。
また自分も滑っていってしまいますので
単独行というは避けたい場所ですね。

登ってみた感想ですが、
前半は普通の低山の登山スタイル、
後半はガレ場、クサリ場でさらにスケールが
意外にミニマムなので油断すると危ないですが
落ち着いていけば大丈夫です。


20100219009.jpg

登り終えたらちちぶけごんノ滝に
より道しました。
水にさわったりして遊びました。
とても冷たかったです。

ここまで来ると安堵感で幸せな気分です。
山の面白さはなんでこんなに苦しいの?からの
解放だと思います。まさにMの心境です。




さて、段々と標高を上げてきました。




コメント

随分登ってますね。
どこか目指しててのトレーニングですか?
高い山に登るときは是非誘ってください。

これは4年前の回顧録ですよ。
MUSUKOの山行日記にお父さんがコメント解説しています。
もうMUSUKOは私の背を越す勢いです。
可愛かったのが嘘のようですね。

体調も良いので是非高い山、一緒に登りましょう!

ああ、なるほど。
うちは甥のスケジュールが詰まっていて、なかなか自由に動けませんでしたが、今年から中学生になるので、今年からは私1人で動くようにしようと思います。
それなら、かなりそちらのスケジュールにも合わせられるようになると思います。
そちらの方にもお邪魔したいと思いますのでよろしくお願いします。

いつでも来なさい(あ、月曜日でお願いします)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/493-c72f0eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!