2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSUKOの山行日記【御獄山編】

20100329001.jpg

高さ:343.4m

行った日:2006.4.1

山の楽しみをお姉ちゃんに教えたくて、
みたけ山にいきました。
この山は階だnがいっぱいあって
登りやすかったです。

家族で登るのは楽しい。


大きな地図で見る

20100329002.jpg

児玉市の青年の家に車を止めて、
みたけ山に向かいます。
ピンク色のヤマツツジがいっぱいさいていました。

既に児玉町(市でなかった)は
本庄市と合併してしまいました。
今は【神川げんきプラザ】という施設です。

なんか適当に書いていましたね(汗)


20100329003.jpg

金さな神社にみたけ山の登山口があります。
この神社はさい玉でも有名な所で
とても広かったです。

武蔵国の五宮社なんですね。
因みに大宮の氷川神社は三宮社となります。
非常に重要な神社ですが、
この山を登るまでは知りませんでした。


20100329004.jpg

登山道は、ウッドチップといって
細かい木のかけらがしきつめてあって
とてもやわからかったです。

本当に良く整備されていて
アスリートのトレーニング用コースとしては
最高の場所だと思います。

現にその様に使われているみたいです。


20100329006.jpg

黒く光っている岩は鏡岩です。
まるですべり台みたいです。
でもすべるとこわいので、
すべりたくないです。

ストーンと堕ちたようにきれいですね。
特に見所といえばこの場所なのですが、
階段途中にある石造も面白いです。

20100329007.jpg

頂上に着きました。
天辺の大きな岩の上に立ってみました。
下ががけなのですごくこわかったです。

あっという間に着いてしまいます。
景色は低い山の割にはとても良い。
気軽に登山を始めてみたい人には打って付けかも。


20100329008.jpg

その岩の下に大きなほら穴がありました。
この穴は自ぜんにできたのか人がほったのか
知りたかったです。

自然に出来たのでしょう。
この穴がそれなりに広くて
もし遭難しそうな時はここに非難できそう。
って、こんな低い山でそんなことある訳ないですが(爆)


20100329009.jpg

次にしろあとの山に登りました。
急な坂でロープがありましたが、
使わずに登れました。

何とも高い位置に城が築かれていたんですね。
正に山城です。景色が良いので好都合だったのでしょう。

ほとんどここまで登る人がいないのですが、
やっぱり登山といえば急峻なところも登ってみたいですから。

一番高いところなのですが景色は良くありませんでした。


20100329010.jpg

春の花がたくさんさいていてました。
と中、つくしがたくさん生えていたので、
つみました。
家でつくだににして食べました。

土筆の群生に遭遇して間引き程度に
獲ってきたのですが、登山の楽しみは
こういった山菜獲りもその1つなんですよね。




もうそろそろ登山を開始したいけどホント寒いですね。




コメント

家族登山初心者のはずのMUSUME氏が、
しろあとの山に向かう急峻な坂道で先頭に立っているのが面白い。

お、目の付け所が素晴らしい!
そうなんです、彼女は調子が乗ってくると
馬車馬の様なんですよ。

実はこの山行日記シリーズの最後のエントリの
オチとして用意していたネタなのですが、
見事にその予兆をキャッチしましたね。さすが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/529-dc857540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!