2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しいお米

20080131001.jpg

お米は精米したてが美味しい

寒い日が続きますね。
こう寒いと何処にも出かけたくありません。
最近の休みは近場の温泉ということで済ましていますが
早く暖かくなって遠くの温泉にでもつかりたいものです。

話は変わって普段食べているお米はスーパーなんかで買いますでしょうか。
うちは知り合いの農家から譲っていただいています。
安心ですし、とにかく美味しいのが良いです。

さらに美味しくいただけるようにいつも30kgずつですが
精米しながら食べています。

20080131003.jpg

我が地元は田舎なのでいたる所に精米所があります。
10kg、100円でできます。

やり方は簡単。まず玄米を入れて

20080131004.jpg

お金を投入。搗き加減を選択するだけです。
私はいただいている方のご指導の下、8分搗きにしています。
お米が良いとこれで十分美味しいし、栄養価も高いそうです。

20080131005.jpg

するとパラパラと(というかドーッと)精米されたものが出てきます。
溜まったら袋に戻します。これで何ヶ月かはもつことでしょう。

20080131002.jpg

外ではご馳走にありつこうと鳩や雀たちが大挙して待っています。
油断すると顔めがけて飛んできます。
あぶない(汗)あぶない(汗)

仕事柄、たくさんの自家製の野菜や果物などをいただきます。
昨年から今年にかけても消費するのが大変なほどでした。
本当に感謝感謝でありがたいことです。

しかし、どの方も高齢でこれからもそれを守っていくというのは
どう考えても大変なことです。

工業品や衣類、もちろん食品まで中国などに頼り、自国では次に繋げようとしない
最近の日本人ですがこれからどうなっていってしまうんでしょうね。

予想としては人口もどんどん減少していくので、相続しない土地があふれ
そんなものは価値がなくなってくるんじゃないかなと思います。

そういった土地を集めて帰農するというのも良いかもしれません。
知り合いに頼んで修行させてもらいましょうか!?

将来、鳩や雀のように理性を失いながら食べ物を奪い合うことがないように…。


コメント

うちは精米所が目の前にあるので10kgずつです。
ちなみに米糠は持って行かなくても、誰かがすぐ持って行っちゃいます。

米ぬかはもちろん糠床になりますが、ガーデニングや家庭菜園なんかの肥料に使えますよね。

あー、農業いいなぁ・・・って書けるのはきっと何も知らない素人だからなんだろうな。
でもホントにこれから食料自給率上げないと大変なことになりそうですよね。ガソリン暫定税率なんかより、農林水産のことをもっと真剣に考えてもらいたいものですよ。

ところでステップワゴンがすごい白煙上げてるように見えますが・・・(うっそ)笑

>タニシさん
白煙ではなく、これはエクトプラズムなんですw

収穫というのは良いものですね。タニシさんがうらやましいです。
今、あまり体を使わない仕事をしているので汗をかきながら働き、地(もしくは海)のものをいただくというのは大変なことかもしれませんが、すばらしいことなんだなとつくづく思ってしまいます。

本気で国策として抜本的な第一次産業対策をやらないと、この国で安心して食べることは近い将来できなくなるでしょう。
今、飼料高騰の影響を吸収しきれず畜産農家が恐ろしい速さで廃業していっています。技術的にも経営的にも改善の余地が無く、高騰緩和のための基金も焼け石に水のまま破綻しかけているし・・・。
この国の食糧は一体どうなっていくんでしょう?

本当に心配ですね。

農業に関する大きな転機は戦後の農地改革がありますが、これにより農作地の管理が細かく分断化されたのが今になって影響を及ぼしているように思えますね。

地主制度を復活するわけではないですが国が音頭を取ってある程度の大きな土地はまとめて法人化し、高効率で安心・安定的な供給を実現しなければダメなんじゃないかなと思います。

食糧対策もそうですが結局は少子化対策に全く手を打ってこなかったことがすべての始まりで国の責任というのは大変大きいような気がします。無駄かもしれない道を作るよりもそれを使ったり、作ったりする人というエナジーがいなければ何にもなりません。

また国ばかりの責任を書いていますが、メディアの問題もあるでしょう。たとえば今は古館さんですがその前の某元TBSアナウンサーのニュース番組で彼はこの問題が出ると血相を変えて反論していました。当時でもこうなることを予想できたはずですがそういった自己陶酔的な主張も影響大な気がします。正直大罪です。

自分だけ楽しければ良いというのは破滅への道ですよね。言い過ぎかもしれませんが生きている上での生きがいや喜びは人(子孫)のために、というようなことに尽きる気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/61-b958301a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!