2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヤマト】に行ってみた。

20100912001.jpg

原点ですよ…

10日の金曜日、噂の【ヤマト】に行ってきました。

もともとは北本市役所の脇に店舗があったのですが、
久々に北本を訪れて寄ろうと思ったら、
建物があるのに閉まっているのを見て、

「あぁ、畳んでしまったのか…」

…と失意していたのですが、
北本在住の方々の情報により、ほとんど毎日、
夕方の5時から夜の10時に開店しているという情報を得、
あらためて職場を閉めると同時に即行で向かった次第です。

そして、画像のようにお店は開いていました。
懐かしぃー雰囲気はそのまんま!

2010912002.jpg

どうです。高く積まれたこのプラモデル群。

2010912003.jpg

こちらの通りも…

圧巻です。

2010912004.jpg

で、「いらっしゃいませ~」の店長さん。

ん?昔とぜんぜん変っていない?

なんでもここに移って10年目だとか…
だとするとその間、こちらには足を運んでいないということか…(汗)

その頃、流行っていたのが【ミニ四駆】で
それ目当てに前の店舗に伺ったんでしょう。

ここの場所で3軒目だそうで、
私はおばぁちゃまを知っているという話に至ると、
最初の店舗からのお客さんということに。

生粋のお客だな、私は…

そのミニ四駆ブームの時の話では
相当儲かったという話が出ていたので
この3軒目は【ミニ四駆御殿】と言っても良いのかも知れません。

懐かしい話を思い出しながら話していると
私の名前もちゃんと覚えていてくれてました。
スゴイ…なんだか嬉しい。

そりゃーそうですよ。
小学校低学年の時から来ているんですから。
(殆ど毎日通っていた時期も…)

当時は車も好きでしたが零戦など、
第二次大戦の頃の飛行機が大好きで
隼、鍾馗、飛燕、疾風、雷電、紫電改、
一式陸攻、二式大艇などなど、作りに作りました。

手先の器用さを切磋琢磨したのはこのヤマトさんが
あったからこそです。

時計の修理もプラモデル製作も似ているかもしれませんね。

子供の頃の熱中したものが今でも活きている
というのは幸せなことです。

で、なんでこんな遅い時間に営業しているかと訊けば、
お客さんと話し込むと平気で夜10時位になってしまうそうで
朝、起きられず、結局開ける時間も遅くなってしまったとか…

ま、この時間帯の方が子供たちも帰ってから行けるし、
私の様なアラフォーも仕事帰りに余裕で寄れるので
隙間的商売と考えれば素晴らしいことなのかもしれません。
私も仕事終わりに向かえば楽しいかも…

昼間は今は自動車を持っていないということで
自転車で色々と出かけているそうで、
私の職場の見当も付いたそうなので
今度寄りますということに。

なんでもお客さんと話が盛り上がるとうちの近くの
カラオケ屋さんによく歌いに行くなのだとか。
あの高い声で歌う歌って何?

更に店長さん、古ーいオメガシーマスターを持っていて
それを貰った経緯も面白かったのですが、
長くなるので割愛しますが、私がそれをいじれることを話すと
お金が貯まったら是非お願いしますとのこと。

しかし、修理費用を聞いてびっくりしていましたが、
オメガの修理って本当に高いんですよ、実は。
リュウズが外れてなくなっているのが痛いですね。

2010912005.jpg

私も今日はお客様なので何かを買おうと見ていると
見つけました!限定品の【MAD MAX INTERCEPTOR 2】
※限定品ではなく通常版でした。

税込で2,800円也。

昔に比べたらプラモデルはエラく値段が上がりましたね。
子供が買える物ではなくなってしまいました。

でもこの商品をネットで見ると【売り切れ】という表記と共に、
定価を大きく超えた金額で売られています。

こんなのがポッと置いてあるお店って…
(他にもお宝がたくさん有り)

中々もったいないような気がしますが、
ま、そのうちに作りましょう。



…ということでヤマト、
私はここで育ったと言っても過言では無いです。



私の原点はここにあるのです。




コメント

プラモデルなら

私はライフワークというか義務というか プラモデル
約1年に1個のペースで制作中
現在はMe262という大戦時のジェット戦闘機を制作中 30過ぎてから再燃しエアブラシまで購入する始末。私も仕事柄凝ってしまいます。
地獄のヤスリ掛け3時間とか

日本軍でいう【橘花】ですね。相当マニアックw
ドイツ軍の飛行機はどれを見ても奇抜なデザインで惹かれるものがありますよ。
しかし、カーキとブラックの迷彩なんかエアブラシで吹く時は緊張するんでしょうね。一発勝負ですから。

私はフィアット500(職場に展示中)以来作ってないので、そろそろと思っています。
インターセプター1にするコンバージョンキットが7,800円もするので躊躇しているのですが…

橘花

橘花の名が出てくるとは…橘花といえば1945年の初飛行のパイロットが十数年後の初の国産ジェットT-1のテストパイロットを務めた話 運命と使命を果たせた男の生きざま 涙が出てきます。

桜花とか、回天とかね、そういうのもありました。特攻の恥ずべき兵器でした。
橘花も「花」がついているので花と散るという意味合いから特攻用兵器として利用しようとしていたのかもしれませんね。

回天は昔、自費出版のお手伝いをしたことがあるので何とも感慨深いものがあります。

戦争は何も良いことはありませんが、あの鎖国状態から80年隔てただけで世界に技術的に誇れる航空機や戦艦、空母などを生み出した日本人は凄いと今更ながらに感心してしまいますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/670-63d7e7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!