2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動ドアが壊れた…【屋内側編】

20100924002.jpg

おーまぁーいぃ…ごぉぉぉぉぉっと…

とうとう逝ってしまわれました(汗)

前回と同じ場所のコンデンサ…パンクしました。

前回の記事はこちら

なんか最近反応が鈍いなと思っていましたが
今日、郵便局の人が荷物を持って来て帰る際に、
最期の仕事をされたようで、その後は一切反応しなくなりました。

ということで修理代7万円弱決定…(涙)

7万を稼ぐのって本当に大変なんですよね。
自動ドアメンテナンス会社に連絡する前に
い・ち・お・う、悪あがきをしてみます。

20100924000.jpg

これは前回の基盤の様子。

中央部がコンデンサのあった位置でパンクして相当に腐食しています。

が、今回はこんなもんではなく、とんでもなく腐食していて、
パンクし立てのようで匂いもかなり臭い。

諦めていたので画像を撮るのを忘れました。

巻頭画像のコンデンサ、前回の京都の専門家の詳しい解説では
この当時の物は経年劣化が激しく、もたないということを
訊いていたので、なるべくしてなったということですね…

20100328003.jpg

前回のコンデンサが余っていたので同じ様に。
(前回と同じ画像)

で、早速元に戻すと…

20100924003.jpg

い・ち・お・う、電源が入った!

…が、時間が経つとコンデンサの容量不足か、
LEDランプが弱々しくなっていたりと
不安定になる場合も…

何度か外しては絶縁が上手くいっているか、
確認しては黒く飛び散った汚れを取ったりして…

裸のまま電源を入れて感電したり…(爆)

今は大丈夫な様…、でも、ダメかもしれない…

わからない…専門家ではないからわからない…(汗)



多分明日はメンテナンス会社に電話しているな…




コメント

オコゲ

大変ご無沙汰です。
基板のコンデンサの足と足の間になる部分がオコゲになっていたら
カッターできれいに取り除きましょう。
オコゲは炭なので電気が流れてしまいます。
たまーにお仕事でそんな作業をしております。
替えのコンデンサは基板からすこーし浮かしてつければ
パンクした時のダメージが減らせるかも。

おぉ!お久しぶりです。愛しの奥様共々お元気でしょうか?
そういえばKZOさんは専門家でしたね。御教授ありがとうございます。

…が、今日の朝、電源を入れたら、うんともすんともで昇天されていました(汗)
もうどうしようのなく、業者を読んで5分で交換、今は快適に、
あのシルバーボディーでウィーンウィーンと動いています。
ま、しょうがないですね。

また佐野ラーメンでも食べたいですね。機会がありましたら是非遊んでください。
またコメントも気軽によろしくお願いします。

けっこう元気ですよ!
酒量が増えて肝臓に悪い数字がでるくらいに元気です。
ほぼ間違いなく電源回路のコンデンサですね。
そうすると、その上流にダメージがあるはず、下流のセンサー等は大丈夫。
写真で見える範囲だとコイル(L、緑のひょうたん型の部品)か
LEDの裏側にある緑のチップ抵抗が焼き切れているってところかな?
でも、お店の表玄関、そんな悠長な修理はできないよねぇ。
ゆっくり直して忘れた頃に新しいセンサーは返品しちゃおうか?(爆)

電子系ってホント奥が深い。
私の場合は基本からやり直さないとダメですね。
やっぱり行き着くところは自作真空管アンプなんですが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/680-7bfb712b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!