2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利酒に挑戦!

20101003003.jpg

海外でも引っ張りダコの…

日本酒。

自分の舌や鼻の敏感度が如何ほどか
試すためにAIKATAと二人でいざ出陣!

20101003001.jpg

会場は駅前にある【かのう屋酒店】さん。

私のボランティアの大先輩のお店。

そういった贔屓目を抜きにしても(爆)
ここはいろんな地域の銘酒を取り揃えていて
イベントや、要望に対する的確なお酒の見立て等など、
お客様本位の地元の名店となっています。
(褒め過ぎ?)

20101003002.jpg

当日はこの様な気合の入れようなので
こちらも味オンチでは済まされません(汗)
(KANOYAさん、やっぱり顔が切れちゃってる…すいません)

さて、ここからはどんなお酒が出て、
自分なりの評価はどうであったか載せてみましょう。

最初のお酒が基準で評価は【5】とします。

20101003004.jpg

【新政(あらまさ)】(秋田)

評価、当たり前で【5】

やや辛、どっしりとした味わい。

20101003005.jpg

【出羽ノ雪(でわのゆき)】(山形)

評価、【4】

やや辛、癖のある香り。

20101003006.jpg

【大七(だいしち)】(福島)

評価、【3.5】、※【6】

まるで清水を飲んでいるよう。

20101003007.jpg

【鳳陽(ほうよう)】(宮城)

評価、【4】

独特の香りだが、味は中庸。

20101003008.jpg

【開華(かいか)】(栃木)

評価、【4】、※【6】

酸味が強い、やっぱり独特の香り。

20101003009.jpg

【信濃錦(しなのにしき)】(長野)

評価、【4】

これもやっぱり同じ様な独特の香り。
蔵から出しての香りなのかもしれない。

20101003010.jpg

【久寿玉(くすだま)】(岐阜)

評価、【4.5】

強いインパクト。酸味が強い。

20101003011.jpg

【若戎(わかえびす)】(三重)

評価、【5】

非常に素直な味で飲み易い。

20101003012.jpg

【宗玄(そうげん)】(石川)

評価、【6】

やっぱり素直な味でフルーティー

20101003014.jpg

【賀茂泉(かもいずみ)】(広島)

評価、【6】

西日本の酒は飲み易い。やっぱり素直。

20101003017.jpg

参考出品【浦霞(うらかすみ)】(多分、茨城)

評価、【5】

もう飲み過ぎて感覚が鈍ってますが、
中庸で飲み易い。キレもある。

20101003018.jpg

参考出品【冬の月】(訊くのを忘れたので不明)

評価、【6】

正に【まろウマ】

20101003019.jpg

参考出品【信濃錦 あま酒】(長野)

評価、【7】

なんとノンアルコールの甘酒。旨い、旨過ぎる。
上品な和菓子の様な味わい。これはデザートです。
砂糖を使わずにこれだけのコクと甘みを出すのはすごい。



ということで利酒を終えました。

評価に※の別評価がありますが、たくさんのお酒の後に
またいただくと評価がどーんと上がるもの。

一口目に旨いものと酔ってから旨いものがあるという意味。

日本酒って奥が深いですね。
ワインではこんな評価ができるものってあるのだろうか?

20101003016.jpg

で、結局この日買ったのは【おかあさん】おススメの

日本酒【真澄 みやさか】銀パッケージのものと赤ワイン(爆)

どれもこれも旨いのですが、やっぱり選んでもらったものがとにかく旨い!



お酒の買い方…

迷わず店の人に訊け!





コメント

ご来店ありがとうございました。
このような試飲会は、2回目の企画でした、
ご来店頂いたお客様に喜んでいただけたようで私も光栄です。
今後もまた、このような企画をしたいと思います、そのときは宜しくお願いします。

さてyutakaさんイベントを盛り上げて頂きありがとう!
酒は百薬の長、適量飲酒でながーいお客様でいて下さいね。

先日は夫婦で、しかも大騒ぎでお邪魔しまして失礼しました(爆)
楽しいイベントでとても勉強になりました。また誘ってください。

しかし、【じい】さんは誰だろうと色々考えていたのですが、まさかまさかでした。
また書き込みよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/685-51b67b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!