2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直線的に川越に行ってみた。


大きな地図で見る

陸の孤島…

電車でのアクセスから考えると地元では
川越はそんな表現がピッタリです。
(川越の人も我が地元をそう思うことでしょう)

実際どのくらい離れているのかグーグルマップで
道案内するとこのようになります。

意外や意外、18.5km…

近いじゃん、行けるよ…

もちろん自転車(徒歩での検索)での移動ですが、
月曜日、フィットネスもかねて川越に行ってみました。

午前のゆったり目の時間で出発。
ランチは川越の何か美味しいところでということで…

20101115001.jpg

…が、初っ端から「えーっ、こんな道かよ…」と
内心叫んでしまいました(汗)

20101115002.jpg

いつもの土手沿いの道に出るには一番近道なんですね。

なるほど…さすがグーグルマップ…

20101115003.jpg

えっ、グーグルさん、ここ行って良いんですか!?

頭に叩き込んだ地図は確かにここを通過すると出ていたはず…

自転車って、車両だけど良いのかな!?

20101115004.jpg

ラフロードも走れるクロスバイクですから
やっぱりこういったところはお手の物です。

気にせずにどんどん進みます。

20101115005.jpg

いくつかの車両通行止めのゲートを越え、
進んでいくと…

物凄い臭ーーーーい(オエッ)

牛糞ですよね。大量です。マジかよ…
し尿が土地に染み込んで走ると滲んできます。

グーグルさーーーーん!?

20101115006.jpg

結局、道が途切れてしまった…

どう見ても道なんかありません。
草ボーボー…

20101115007.jpg

車両通行止等をパトロールしている
国土交通省の方々に遭遇。

思わず「道に迷いました」とカミングアウト(汗)

親切に教えてくれる様子でしたが
恥ずかしいのでお礼を言ってすぐ退散しました。

20101115008.jpg

その後、道欠損のつまずきからどこをどう走って良いのかわからず
彷徨い、彷徨い、彷徨い…

多くの時間を費やしやっとわかる道に出てきました。

相当遠回りしたな…

20101115009.jpg

見覚えのある運河を過ぎ、
何とか直線的に街の中心に向かいます。

普段、意外に大きく回っていることに気がつきますが、
街中をくねくねと走るのもそう効率がいいとは限りません。

自転車だからできることなんですよね。

20101115010.jpg

やっと小江戸川越の街に。

さてランチにしましょう。

20101115011.jpg

…が、小江戸横丁のカレー屋さんを目指したのですが、
私と同じ、今日は定休日のようでした。

残念…

20101115012.jpg

ちょっと寄り道をしましたが本川越駅へ。

川越プリンスホテルも見えます。
実はここで結婚式を挙げたのです。
私、結構川越には縁があるんですよ。



・・で、で、で、ここで写真はおしまい(汗)

データを間違って消してしまいました(爆)
私としたことが…久々にやってもーた…

この後、裏通りの石焼ビビンバ屋さんの
【幸福を呼ぶお犬様】を見たり…
(なんかやられっぱなしのお犬様でした)

川越B級グルメ参戦の
【太麺ヤキソバ大盛+マヨそぼろ】を旨いもん食いで食し…
(大盛頼んだのに中盛だよね、来たの…)

イスチさんにメールしてみたり…
(横浜に行っていたようです)

一度入ったことのある
【ビアザウルス】の場所を確認したり…



残念です。ここから川越の面白ネタがたくさんあったのに…

ま、そのうちリベンジしましょう。



帰りはなるべく寄り道しないでどのくらいで帰れるか
計ってみました。

…と、思いながらも再度迷ってしまう(汗)

それでも1時間程で帰宅できましたから
迷わなければあと10分は短縮できそうですね。

うーん、やっぱり近いかも…



しかし、この直線で走る自転車散策、
結構面白いなぁ…




コメント

あら、川越どまんなかにいらしていたのですね。
ご一緒できずにすみませんでした。マンチカンもお休みで残念。
鴻巣が陸の孤島というよりも、川越と鴻巣の間にフィヨルドがあるのです(爆)。
自転車だと、既存インフラが醸し出す「なんとなくの文化圏」をブッちぎって、
最短距離で横断できるのは面白いですね。

なんとなく文化圏もうそうですが素の地球を感じられるとは思いませんでした。
寂しい道で一人っきりになると便意をもよおうしたくなるのは何故なのでしょうか?
孤立は一種の危機直面だからかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/710-9718cc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!