2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラの話題、その5



モルトを貼ってみました。

頼まれていたペンタックスMXを貼り直します。
しかしこのMXというカメラ、良いカメラですね。
私はオリンパスのOM-1を持っていますがそれよりもコンパクトです。
使い勝手も良いしメンテナンスをしたら最高のカメラになることでしょう。
欲しいな~

…というそんな余談は置いといて
モルトとはモルトプレーンといって遮光用スポンジのことです。
古いカメラは殆どといっていいほどこれが溶けてベトついています。
またベトつくのをこえて朽ちてしまっている場合が多いです。



まずは裏蓋からやっていきますが
とことん分解してからやらないと良い仕事はできません。
モルトの残骸を落としていくには画像のような冶具を使うか
もしくは爪楊枝等を使うのが良いと思います。
精密ドライバー等の鋭利で傷のつきやすいものでやると
塗装が剥げてしまうことがありますので注意です。



細いところは爪楊枝で。

フォーカルプレーン(シャッター幕)周辺はデリケートなので
低粘着テープ等で保護してあげた方が良いですよ。



ベンジンでキレイにモルトを除去したら新しいモルトを貼っていきます。

モルトは断裁機で切るのが一番です。
ハサミやカッターではうまく切ることができないと思います。
手を切らないように注意しましょう。

また貼る場所によってモルトの厚さが違います。よく考えて選びましょう。



規定の幅よりも少し大きめに切ってあげるのがコツです。
端からゆっくり、しっかりと貼っていきます。
失敗しても意外に貼り直しが利きますのであわてないことです。



裏蓋側もキレイに貼れました。



ミラー側にもモルトはあります。忘れずに。



フェドもカメラテスト前に貼りました。
もともとモルトの形跡がありませんでした。ちゃんと写っていたのだろうか!?

貼ることによって今までパカパカした感じが無くなり一気に品質が上がりました。

最近はモルトを売っているところが少なくなりましたが
最初のメンテナンスとしては必ず施工したい箇所ではあります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/72-e120e1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!