2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨いもん食い【中本の蒙古タンメン】

20110507001.jpg

真っ赤なラーメン…

激戦続く都内のラーメン、その中でも御徒町周辺は
有名店がわざわざ支店を出して、その力を試そうと熱く燃える地域です。

20110506002.jpg

ガード下に中野、横浜、板橋が犇いています。

さて、どこに入りましょうか?

20110507003.jpg

ん?行列ができている…

ここは板橋、【中本】ですね。

他の店舗はそんなには混んでいない…

行列が行列を呼んでいるようです。

特に時間が無いというわけではないのでここにしましょう。

20110507002.jpg

店舗が真っ赤です。

激辛を謳っていますから、相当なものなのでしょう。

行列では注文方法が面倒なのですが、
やっぱり先にチケットを買って並ぶようです。

外にメニューがあるのですが、何が何だか分からずに、
一番人気というものにしました。

20110507005.jpg

待っている間にお店の特徴を窺い知ることができます。

とにかく中本さん、多分社長、かなり前に出てきています。

自分がメディアに出たものがたくさん貼ってあって、
しかもラーメンではなく、大きなトライクに跨ったバイク雑誌のものまで。

成功を願い、手に入れた人だからこそのパフォーマンスですよ。

また、社長だけではなく、この支店で働く人の写真が、
入口の高い壁に掲げてあって、
顔写真が大きく載っていて、その横にイケている私服姿の
写真まである…(見て失笑しないように…)

確かにイケメン揃いですよ。まるでホストクラブ??

それがこのお店の売りなんですね。

20110507004.jpg

ということで肝心のラーメンをば…

まず、やっぱり、というか相当辛いです。
単細胞系の味です。ただ辛いのが命ですよ。

頼んだものは【五目蒙古タンメン】で
茹でただけの卵と、
申し訳程度の辛みそで味付けした豚肉が乗っているものです。

確かに五目が80円増しでグレードアップされるのですから
ま、そんなもんでしょう。

ですが、この普通の手の込んでいないゆで卵が
なんとこの激辛マーボースープにジャストマッチです。

辛いのが和らぐ...

また、麺がこれまた流行なのかもしれませんが、
つけ麺用の極太小麦風味麺なんです。

スープのインパクトに負けない極太麺、
よく計算されています。なるほど。

しかし、余りにも辛いため、
恐いもの見たさというか、一度は体験系のラーメン屋ですね。



激辛ラーメンも豆板醤を入れればそうなってしまうところから
どこでも気軽にメニューにできるので
廃れやすいのかもしれませんが、
上手くかませば生き残れる良い例なのかも知れません。



しかし、昼に蒙古タンメン、夜がアラビアータだったので
肛門が今、大変なことになっている…(爆)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/798-e9ec869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!