2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨いもん食い【かどやの武蔵野うどん】



とうとう…

旨いもん食いをやっていて
ここまで来たかと…

これが確信犯的演出だとしたら
このお店の人はかなりの策略家だと思います。

まず、どんなお店かですが…

20110615002.gif

???どんだけ場末な…庶民的過ぎるのって???

ちょっとお店の体を成していないんじゃなかろうか?

知らなかったらなんとも入りづらいし、
とにかく、うどん屋に見えない…
せめて暖簾だけでも…(汗)

このお店、ボランティアの先輩であるAKOさんに教えてもらいました。

いつかは試してみたいと思ったのですが、
旧道沿いにあるのですが、どれがそのお店かわからず、
結局MUSUKOのバスケの試合会場に程近いことから、
張本人のAKOさんを呼び出し(爆)、お店に突入しました。

20110615005.jpg

メニューはこちら。

え?え?安過ぎない?大丈夫?

「yutaka-s君だったら特盛いけるよ」

…という言葉を信じて、私は特盛肉油揚うどんの冷(温かいつけ汁付)

AKOさんは大盛の温かい肉油揚うどん生卵入りに決定。

20110615003.jpg

まずは私のから。

どんぶり2つですよ(汗)量が多い…

うどんは手打ち。ツルツルよりもコシを重視し、
瑞々しさよりも地粉の味をダイレクトに味わえる仕様。

その小麦の風味は半端ありません。

正に田舎うどん、武蔵野うどんの方程式そのものです。

後日談で知った情報ですが、
なんでも姿見せずのおばあちゃんが打っているとのこと。

それは汁にも確認できることで、
武蔵野うどんの最大の特徴である、
ごま油と肉のハーモニーはおばあちゃんでないと出ないかも。

生前、私の母が作ってくれた味にどことなく似ています。
(ハイ、涙ぐみました…)

で、通常であれば肉は豚コマが多いのですが、
何とカシワ、しかもモモ肉ですよ。豪華です。

しかもふんだんに入っていますのであの値段で出しているのは
凄いことだなと改めて感じてしまいました。

これが不味いわけがありません。

旨い!旨過ぎ!

20110615004.jpg

こちらは温かいうどん。

どうです。ヤバいでしょう。旨そうです。

次回は私も温かいのに挑戦してみたいです。



色々と書きたいことがあるのですが、
あり過ぎてここまでにしなければ…



ま、【キタナトラン】であれば間違いなく★3つはつくのでは?



本当に庶民的なのでステテコなんかを着流して
店で売られている魚肉ソーセージと瓶ビールで
チョビチョビとやりながら、締めにうどんをいただくなんて最高でしょう。



あぁ、また行こう…




コメント

どこにあるの~???
あたしも行きたい!!

この店知っています。
入って食べたことはありませんが、たまに、うどんの玉(茹でてある)を買ってきて家で食べます。 安い!!  かみさんの実家で教わりました。
手打ちうどん、自分で打ってみてもおもしろいいですよ・・・

>レッドさん
ここです。
http://maps.google.co.jp/maps?q=36.074982,139.487615&num=1&sll=36.5626,136.362305&sspn=21.648293,28.344727&brcurrent=3,0x6018d2de71e95bbd:0x181039ac1facc7c5,0&ie=UTF8&ll=36.07497,139.487615&spn=0.002203,0.004367&z=18

今度一緒に行きましょう。


>じぃさん
あぁ、やっぱりご存知でしたか。このお店の汁が絶品ですので
是非試してみてください。あ、でも奥様の汁の方が旨いかも…

うどんを打っている自分の姿が想像できてしまうので
そういう振りは…(爆)でも打ってみようかな…!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/818-efe8382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!