2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨いもん食い【横浜家系・六角家のラーメン】



ラスト…

さて、御徒町はラーメン横丁の有名ラーメン食べ比べ、
これで最後となります。

横浜家系ラーメン、【六角家】

家系ラーメンというとラーメンブームの奔りの頃の
一つのカテゴリーでしたね。もう随分と月日は経ちました。

我が埼玉にも岩槻だったり、
上尾だったりブームの時は結構な賑わいで、
家系ラーメンにあらずんばラーメンにあらず、
といった雰囲気もあったように記憶しています。

なんにしてもその当時のラーメンマップという存在が
大きかったですよ。

街中の普通のラーメン屋さんはが一躍注目を集めてました。

ただ、やっぱり実力がないところは
あっという間に淘汰されてしまう、残酷な世界でもあります。

こういう名店が軒を並べてしまうというのも
とてもシビアなことなんですね。

20110624002.jpg

それっぽい雰囲気のお店です。

暖簾は大きいですが、派手さは一切ありません。
入りやすいです。

20110624003.jpg

もちろん注文は食券を買ってです。

どうしてもつけめんに眼がいってしまいますが、
やっぱりラーメンにしておきましょう。

昼食が遅い分、ちょっと量は多めに、
大チャーシューメン(2玉)をチョイス。

ちょっと多過ぎたか!?

20110624004.jpg

ということでやってきました、六角家のラーメン。

シンプルです。ほうれん草は珍しい。

チャーシューは肉汁が融け出ているというのではなく、
冷えて固まっていますが、問題なく美味しいです。

家系の象徴、大判の海苔は健在ですね。

ただオプションになってしまう味玉は
本当は欲しいですね。レギューラーで付けて欲しかった。

つけ麺は付くのになぜ???

20110624005.jpg

濃厚なスープは昔と変わらず。

麺は太麺でこれは今風ですよね。

麺とスープはどちらも負けていない感じです。

トッピングではこの赤い辛味噌は是非乗せてもらいたいです。
ピンと味に一筋の方向性が出ますので。

家系ラーメンはどうしても濃厚過ぎて味がダレてしまいがちなのですが、
これに酢を入れてしまうと全く味が変わってしまいますので、
同じ系統のもので曖昧な道筋をつけてあげるのです。

その他、ニンニクペーストも良いですね。

仕事終了ならば…



ということで総合的に見ても、やっぱり名店、
美味しかったです。やっぱり次はつけ麺に挑戦してみたい。



で、仕事をサクサクとこなして家路に就くのですが、
何かしら家族にプレゼントということで
アメ横の沖縄アンテナショップ【わした】に寄ります。

20110624006.jpg

ブームとなって久しい、沖縄の食べるラー油。

やっぱり味の濃さが違います。

というかこれは男の食べ物に仕立てられています。

味の濃さ、インパクト、どれも尖がっていて負けてしまうと大変かも。

MUSUKO、感動して食べています。

20110624007.jpg

私は仕事も終わったことですし、これを飲みながら帰ります。

が、そんなに旨くは無い。

泡盛は癖がありますね。慣れればいいでしょうけど。



今年は随分先ですが、何と沖縄に行く予定ですので
今から下調べしておかないと楽しめません。



青い海がきっと私を待っている…




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/821-59bef266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!