2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄一泊二日の旅【首里城】



僕らは修学旅行生…

沖縄の歴史といえば首里城…

もうこれは外せません。

日本に帰属する前は琉球王国という
独自国家を築いていました。

本格的な日本の支配は廃藩置県からでしょうから
そんなに昔のことでもないのです。

しかし、ここ、余りにも定番過ぎて、
南の島気分を味わいたい人は
意外に訪れていないようです。

20111201003.jpg

何故ならそれは
ここが修学旅行生のメッカでもあるからなのです。

まぁ、いるわ、いるわ…

20111201002.jpg

これは自分も記念写真を残しておかないと…(汗)

微妙に門が切れているんだけど…(爆)

20111201004.jpg

とにかく修学旅行生が多いので
裏側(実は正道)の道を通って行きます。

この木なんか、なんだか歴史を感じさせてくれますね。



着いた先は巻頭のパノラマの中央広場のような場所。

この建物内を見学します。

20111201005.jpg

見所はたくさんあるのですが、
この首里城、実は何回も立て直されていて、
建物自体はやっぱりそんなに古くはありません。

昔の遺構はその下に埋もれていて、
このようにガラスの廊下から見ることができます。

結構深いですよ。

20111201006.jpg

修学旅行生と押し合い圧し合い進んでいくと、
この玉座がドーンと現れます。

正直、ゆっくり見たかった。

2年程前に行った北京は紫禁城の物に似ていますね。

20111201007.jpg

こちらは玉冠(ぎょっかん)?っていうのかな?

なんとも王の風格が理解できるような
素晴らしい造りでした。

20111201008.jpg

こちらは玉璽(ぎょくじ)?

正に独立国家の王たる印です。

20111201009.jpg

祭礼にはこのような壮観な風景も見られたことでしょう。

もちろんこちらは模型です。

20111201010.jpg

あまりにも混雑しているので
ちょっと横道に外れて、一息つきます。

本来は静かな場所なのかもしれません。

しかし、今日は天気が良い。

暑くも無く、寒くも無く、最高の観光日和ですよ。

20111201011.jpg

これは空から見た首里城の図。

規模は意外に狭いかもしれない。

ここには王様一族しか住んでいないのかな?

それくらいコンパクトなんです。



なんて、昔の琉球王国を妄想していたら
まわりはなんと中国人の観光客だらけ…(汗)

修学旅行生の次はこれか…

まぁ、よくしゃべります。

なんだか昭和の日本のオバちゃんを連想してしまいます。



しかし、ここからの景色は素晴らしい…

海が見える…そこが良い…

20111201013.jpg

集合時間が迫ってきたので
修学旅行生の間を縫ってバスに戻ります。

その途中、混雑しているお土産屋さんでこれを発見。

沖縄といったらサトウキビ!

なんどその100%ジュース!

お味は…何だか生臭い(汗)

そしてとてつもなく甘い…甘い物はとことん甘い…
それを絵に書いたような飲み物でした。

沖縄では定番と思いきや、一切飲まないとのこと。

何だか騙された気分ですが、気分だけは味わえました。



酸いも甘いも定番は定番と思って触れ合うことですね(爆)



定番の首里城も食わず嫌いで
良いところなのを見逃しているかもしれませんよ。




コメント

永遠の

中学生発見 青い服の…髭面の…
この頃歳をとったせいか歴史的建造物に
何か惹かれるMAKです

歴史的建造物…
縄文時代から現代に向けて順々に散策するのが私の夢です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://13colors.blog104.fc2.com/tb.php/885-c6e9549e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yutaka-s

Author:yutaka-s
妻と2人の子を持つお父さん。
愛するAIKATA、MUSUME、MUSUKOにささえられ、日々を楽しく過ごそうと奮闘中!?

twitter

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

美人時計

イタリア旅行ポンペイ編掲載!